演劇

津嘉山正種夢語り

10カウント

劇団青年座

青年座劇場(東京都)

2010/04/22 (木) ~ 2010/04/25 (日) 公演終了

上演時間:

青年がいた。俳優志望だった。腐っていた。役につかないからだ。
辞めて故郷に帰ろうか…等と考え始めていた。
その時一冊の台本を手に女神が現れた。「これ、演ってみないか」とのお言葉。
ボクサーが主人公の一人芝居、一も二もなく飛びついた。翌日からジム通い。
半年後、別の俳優がその芝居を上演し...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/04/22 (木) ~ 2010/04/25 (日)
劇場 青年座劇場
出演 津嘉山正種
脚本 津嘉山正種
演出 栗田芳宏
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 4,000円
【発売日】2010/03/16
前売り 4,000円
学生 2,500円
サイト

http://www.seinenza.com/performance/studio/107.html?PHPSESSID=eda48ba081ed512da2c9b5ab5a69626d

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 青年がいた。俳優志望だった。腐っていた。役につかないからだ。
辞めて故郷に帰ろうか…等と考え始めていた。
その時一冊の台本を手に女神が現れた。「これ、演ってみないか」とのお言葉。
ボクサーが主人公の一人芝居、一も二もなく飛びついた。翌日からジム通い。
半年後、別の俳優がその芝居を上演した。大ショックだった。
萎えた気持ちを奮い立たせてくれたのは、女神に対する感謝、そして意地だった。
女神は、1年分の月謝を前払いしてくれていたのだった。
結果、1年365日、1日も休まずジムに通った。
青年の芝居に対する執念は、多分その時に培われた。
しかしその台本は、本棚の片隅で埃を被ったままになった。
時は流れ、青年は66才になった。
40年の歳月が経った事になる。時は流れたが、思いは残っていた。
若いボクサーではなく、老ボクサーとしての話を新たに創ってみた。
戯曲としての態を成しているとは到底思えない。が、演ってみようと思った。
心の区切りをつける為に。そして女神への感謝の思いを伝える為に。
作品を上演するために尽力して下さった多くの仲間に感謝する。
そしてこの作品を女神に捧げたいと思う。
女神の名は、山岡久乃先輩。享年72才。見てて下さい…先輩。
(津嘉山正種)
その他注意事項
スタッフ 演出助手=菊地一浩
装置=阿部一郎
照明=広瀬由幸
音響=竹内範之
舞台監督=安藤太一
制作=紫雲幸一
協力=金子ボクシングジム

[情報提供] 2010/04/12 22:10 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/04/26 13:21 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大