演劇

天才ヒポザウルス・プロデュース

宮城野

天才ヒポザウルス

桐生市有鄰館(群馬県)

2010/05/22 (土) ~ 2010/05/23 (日) 公演終了

上演時間:

【あらすじ】
天保八年、秋の夕暮れ。
江戸麻布の色街(岡場所)の、さむざむとした座敷。

その座敷にいるのは、年増女郎・宮城野と、なじみ客の絵師・矢太郎の二人きり。その日、矢太郎は浮かない様子で現れた。師匠である謎の浮世絵師・東洲斎写楽を殺してしまったのだ。それを「察した」宮城野。彼女...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/05/22 (土) ~ 2010/05/23 (日)
劇場 桐生市有鄰館
出演 似鳥美貴、田沼孝之
脚本 矢代静一
演出 保足恭子
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 1,200円
【発売日】2010/03/02
前売1,000円
当日1,200円
サイト

http://www.geocities.jp/hippozaurus/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 【あらすじ】
天保八年、秋の夕暮れ。
江戸麻布の色街(岡場所)の、さむざむとした座敷。

その座敷にいるのは、年増女郎・宮城野と、なじみ客の絵師・矢太郎の二人きり。その日、矢太郎は浮かない様子で現れた。師匠である謎の浮世絵師・東洲斎写楽を殺してしまったのだ。それを「察した」宮城野。彼女は矢太郎のために、己の人生をかけた嘘をつく。運命に翻弄されながらも、信じる道を生きる宮城野の心の奥に潜むのは
「聖(ひじり)」か「俗(ぞく)」か・・・
そして、写楽殺害に隠された真実とは一体・・・

【ごあいさつ】
天才ヒポザウルス初のプロデュース公演です。
ヒポでは、これまで「笑い」をテーマにした作品を創ってまいりました。
しかし今回の宮城野。この作品は「笑う」芝居ではありません。何故?と思う方もいらっしゃるのではと思います。
私も芝居を始めてから20年が経ちました。「演劇」とは何か?と模索しながらの20年。未だ分からない事だらけですが、齢を重ね、朧げながらその「何か」が見えたような見えないような。
そんな時期に出会ったのが「宮城野」でした。
宮城野と矢太郎の心の奥に潜む感情を探るうちに、人間の持つ多面性のオモシロさ、フカシギさが、そのキーワードのような気がして。「笑い」も、そんな中の一つなんだなと。
こんなヒポザウルスもいかがでしょうか。
その他注意事項 未就学児はご入場いただけませんので、あらかじめご了承ください。
スタッフ

[情報提供] 2010/04/08 11:12 by python

[最終更新] 2010/04/08 11:15 by python

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大