劇団四季

北京人民芸術劇院(中国)

他劇場あり:

2010/06/02 (水) ~ 2010/06/27 (日) 公演終了

上演時間:

劇団四季は1953年の創立以来半世紀、アヌイ、ジロドゥといったフランス現代劇のほか、シェイクスピア、ラシーヌ、そして加藤道夫や福田恆存といった日本を代表するストレートプレイの数々を上演してまいりました。 ご存知のように『ハムレット』はシェイクスピア作品の中で最もポピュラーなものであり、無数の注...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/06/02 (水) ~ 2010/06/27 (日)
劇場 北京人民芸術劇院
出演
脚本
演出
料金(1枚あたり)
【発売日】
サイト

http://www.shiki.gr.jp/applause/hamlet/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 劇団四季は1953年の創立以来半世紀、アヌイ、ジロドゥといったフランス現代劇のほか、シェイクスピア、ラシーヌ、そして加藤道夫や福田恆存といった日本を代表するストレートプレイの数々を上演してまいりました。 ご存知のように『ハムレット』はシェイクスピア作品の中で最もポピュラーなものであり、無数の注釈や評釈に囲まれ、世界中で上演されてきています。劇団四季での初演は1968年。創立15周年記念公演として上演され、大胆な舞台美術と独自の演出、演技陣の見事なアンサンブルが高い評価を得てその年の芸術祭奨励賞を受賞。1982年の創立30周年公演では当時51歳の日下武史がハムレットを演じ、世界でも最高齢のハムレットとして話題を呼び、絶賛を浴びました。
 RSC(ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー)主席デザイナーであったジョン・ベリーによる、装飾を廃した時空の広がりを表現する舞台上では、中世デンマークの世界が鮮やかに展開します。権謀術数渦巻くエルシノア城を舞台に繰り広げられる悲劇を、王家の悲劇と一つの家族の両面から描き出している浅利慶太の独自演出は、17世紀の古典を時代と国境を越えた人間ドラマに仕立て上げた正統派演出として内外に評価の高いものです。
 濃密な舞台空間を生きる『ハムレット』が今ここで、劇団四季ストレートプレイの歴史に新たなる幕を開けます。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2007/11/05 14:04 by こりっち管理人

[最終更新] 2013/04/04 16:53 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大