歌舞伎・伝統芸能

新橋演舞場 陽春花形歌舞伎

仮名鑑双繪草紙 (かなでほんにまいえぞうし) 市川右近宙乗り相勤め申し候

歌舞伎・伝統芸能

新橋演舞場 陽春花形歌舞伎

通し狂言 四谷怪談忠臣蔵

仮名鑑双繪草紙 (かなでほんにまいえぞうし) 市川右近宙乗り相勤め申し候

松竹

中日劇場(愛知県)

他劇場あり:

2010/06/05 (土) ~ 2010/06/27 (日) 公演終了

上演時間:

『四谷怪談』と『忠臣蔵』
二つの世界が一つになって、縦横無尽に駆け巡る!
澤瀉屋一門が魅せる猿之助エンターテインメント!!

 鶴屋南北の傑作『東海道四谷怪談』は『仮名手本忠臣蔵』の外伝という構想で描かれました。『四谷怪談』に登場する民谷伊右衛門は、実は浪士として、討入に加わるべき存在...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/06/05 (土) ~ 2010/06/27 (日)
劇場 中日劇場
出演 市川右近、市川門之助、市川猿弥、市川春猿、市川寿猿、市川弘太郎、市川段治郎、市川笑三郎、市川笑也、坂東彌十郎
脚本
演出
料金(1枚あたり) 7,000円 ~ 13,000円
【発売日】
【発売日】2010/04/10
【S席】13,000円
【A席】10,000円
【B席】 7,000円
サイト

http://www.kabuki-bito.jp/theaters/shinbashi/2010/04/post_17.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 『四谷怪談』と『忠臣蔵』
二つの世界が一つになって、縦横無尽に駆け巡る!
澤瀉屋一門が魅せる猿之助エンターテインメント!!

 鶴屋南北の傑作『東海道四谷怪談』は『仮名手本忠臣蔵』の外伝という構想で描かれました。『四谷怪談』に登場する民谷伊右衛門は、実は浪士として、討入に加わるべき存在だったのです。江戸時代、『四谷怪談』が初演された折には、『忠臣蔵』と場面を交互にして、二日間にわたって上演されました。市川猿之助は、この構想を生かし、昭和五十五年四月に両作品を一つにした『双繪草紙忠臣蔵』を昼夜で通し上演。平成十五年七月には、猿之助歌舞伎のエッセンスをさらに盛り込み、全く新しい発想のもと、両作品の登場人物たちが縦横無尽に駆け巡る『四谷怪談忠臣蔵』を創り出し、いずれも大きな人気と評判を集めました。
 物語は、高師直に新田義貞の霊が乗り移る発端から始まります。序幕は『忠臣蔵』の「松の間」「判官切腹」の後、『四谷怪談』の世界になり、「浅草観音」「伊右衛門浪宅」までがスピーディーに展開され、幕切れの「両国橋」では、きらびやかな花火を背景に、義貞のご落胤である大盗賊の暁星五郎が飛行の術を使い悠々と去っていく姿を宙乗りで描きます。二幕目以降も『四谷怪談』の「隠亡堀」、『忠臣蔵』の「討入」と随所に名場面が続き、大詰には何トンもの本水が降り注ぐ「大滝」が舞台上に出現。豪快な立廻りをご覧に入れます。
 今回は、市川猿之助が演じた直助、暁星五郎、天川屋義平に加え、新田義貞の霊の四役を市川右近が勤め、澤瀉屋一門が総出のもと、坂東彌十郎、市川門之助が加わり、波乱万丈、見どころ満載の舞台に挑みます。陽春ならではの超大作にどうぞご期待下さい。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2010/02/18 08:20 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/06/20 00:42 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大