舞踊・バレエ

セレノグラフィカ新作公演 京都芸術センター開設10周年記念制作支援公演

舞踊・バレエ

セレノグラフィカ新作公演 京都芸術センター開設10周年記念制作支援公演

グレナチュール

セレノグラフィカ

京都芸術センター(京都府)

2010/04/10 (土) ~ 2010/04/11 (日) 公演終了

上演時間:

もと少女たちと一人の少女。/ 右手に柘榴、/ 左手にダンス。

この作品は、昨秋既にArt Theater dB神戸で試演会を終え、4月京都・8月横浜での公演を経て、再び神戸の地に戻るという往還プロジェクト作品です。今回は、異なる舞踊背景を持つ3人の元少女たちを出演者に迎えました。自らのダ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/04/10 (土) ~ 2010/04/11 (日)
劇場 京都芸術センター
出演 岡田智代、森美香代、エメスズキ、岩村あき
演出 隅地茉歩
振付 隅地茉歩
料金(1枚あたり) 2,300円 ~ 3,000円
【発売日】
一般前売2,500円、当日3,000円
学生前売2,300円、当日2,800円
※学生のお客様は、当日受付にて学生証をご提示ください。
サイト

http://selenographica.net/news.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 もと少女たちと一人の少女。/ 右手に柘榴、/ 左手にダンス。

この作品は、昨秋既にArt Theater dB神戸で試演会を終え、4月京都・8月横浜での公演を経て、再び神戸の地に戻るという往還プロジェクト作品です。今回は、異なる舞踊背景を持つ3人の元少女たちを出演者に迎えました。自らのダンスと母であることを共存させる多世代の身体と、振付家として向き合います。
あわせて、非ダンサーなる、純然たる少女一名の存在を作品中に引き受けます。一粒一粒の存在感が一個の果実を成す柘榴( - グレナチュール - )のように、ダンスを実らせたい。かつて劇場ではなかったいくつかの会場を巡るこの旅のどこかで、皆さまにお目にかかれますことを楽しみにしております。

隅地茉歩
その他注意事項
スタッフ 技術演出 岩村原太
照明 塩見結莉耶
音響 小早川保隆
舞台監督 難波麻春
衣裳 山本容子
宣伝美術・宣伝写真 納谷衣美
宣伝写真モデル 岩村あき
制作協力 多胡真佐子
協力 NPO法人ダンスボックス、阿比留修一
企画・主催 セレノグラフィカ

[情報提供] 2010/03/25 07:58 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/07/27 20:40 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大