Bunkamura

梅田芸術劇場メインホール(大阪府)

他劇場あり:

2010/03/25 (木) ~ 2010/03/28 (日) 公演終了

上演時間:

アジアを代表する舞踊の最高峰「シャングリラ(桃源郷)」。少数民族の貴重な舞踏の歴史をヤン・リーピンの強烈な魂で、現代によみがえらせた踊る万華鏡。圧倒的な存在感。生命力。美とパフォーマンスの力強い一体感。ひとたびヤン・リーピンの「シャングリラ」を見れば、あなたの中の「内なるアジア」が共振する!
...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/03/25 (木) ~ 2010/03/28 (日)
劇場 梅田芸術劇場メインホール
出演 ヤン・リーピン、雲南民族歌舞団
演出 ヤン・リーピン
振付 ヤン・リーピン
料金(1枚あたり) 5,250円 ~ 10,500円
【発売日】
S席-10500円 A席-8400円 B席-5250円
サイト

http://www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/08_y_liping/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 アジアを代表する舞踊の最高峰「シャングリラ(桃源郷)」。少数民族の貴重な舞踏の歴史をヤン・リーピンの強烈な魂で、現代によみがえらせた踊る万華鏡。圧倒的な存在感。生命力。美とパフォーマンスの力強い一体感。ひとたびヤン・リーピンの「シャングリラ」を見れば、あなたの中の「内なるアジア」が共振する!
シャングリラ=(自然+人間)×舞踏。そして今、時代はアジア、ヤン・リーピンの「シャングリラ」へー

中国を代表する国家一級の舞踏家ヤン・リーピンが長い歳月を重ねて創り上げた民族歌舞劇、それが『シャングリラ』である。
2003年に昆明で初演された後、中国各地を巡演。その衝撃的なステージは一つの文化現象となり「中国最大のヒット作」として今もなお語り継がれている。
2008年の日本初公演ではチケットが即日完売。最も入手困難な中国作品として高い注目を集め、大盛況をはくした。
惜しまれつつ閉幕してから1年半。再演を望む多くの皆様からの声にこたえ、2009年遂に再演が決定。中国では決して踊ることのない精霊ヤン・リーピンが、日本公演では全ステージに登場。その美しき舞を披露する。
その他注意事項 未就学児童入場不可。
スタッフ

[情報提供] 2009/10/11 10:02 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/03/21 09:50 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大