博多座

博多座(福岡県)

2010/05/03 (月) ~ 2010/05/27 (木) 公演終了

上演時間:

昭和32年。小学2年生の昭広は、広島で母・秀子(高橋惠子)と暮らしていたが、女手ひとつで居酒屋を営む秀子では世話がしきれず、佐賀の祖母に預けられることになった。そして昭広は何も知らされず突然佐賀に連れてこられた。そこには、がばい(ものすごい)ばあちゃん・おサノ(島田洋七)がいた。

「ばあ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/05/03 (月) ~ 2010/05/27 (木)
劇場 博多座
出演 島田洋七、高橋惠子、新藤栄作、中澤裕子、ほか
脚本 島田洋七
演出 島田洋七、池田政之
料金(1枚あたり) 4,000円 ~ 10,000円
【発売日】2010/03/13
A席 10,000円
特B席 8,000円
B席 6,000円
C席 4,000円
サイト

http:///www.hakataza.co.jp/kouen/index_h2205.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 昭和32年。小学2年生の昭広は、広島で母・秀子(高橋惠子)と暮らしていたが、女手ひとつで居酒屋を営む秀子では世話がしきれず、佐賀の祖母に預けられることになった。そして昭広は何も知らされず突然佐賀に連れてこられた。そこには、がばい(ものすごい)ばあちゃん・おサノ(島田洋七)がいた。

「ばあちゃん腹減った」「気のせいや」―

 がばい貧乏なおサノばあちゃん。腰から磁石を引きずり歩いて鉄くずを集め、裏の川に流れてくる野菜を拾うという貧乏ぶり。しかし困っている人には施しをするなど、明るく逞しく生きる、正義と倹約の人だった。最初は驚かされっぱなしだった昭広だが、佐賀にも、ばあちゃんとの暮らしにも馴染んでいった。母への想いは抑えきれなかったが、年に1度夏休みに広島へ帰って秀子と過ごす夢のようなひと時だけで、我慢していた。
昭広は周囲の優しい人々に見守られながら、勉強こそできないが、すくすくと成長していく。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2010/03/21 09:44 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/03/21 09:46 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大