演劇

京楽座 中西和久ひとり芝居

しのだづま考

京楽座

昭和音楽大学北校舎第一スタジオ(神奈川県)

2010/05/03 (月) ~ 2010/05/03 (月) 公演終了

上演時間:

狩で追われた狐を助けたために、命を狙われた安倍保名は、森で迷い、葛の葉と名乗る美しい娘に助けられる。やがて二人は子どもを授かり幸せな生活を営む。だがこの葛の葉こそ、保名に助けられた狐の化身だった。ある日、庭の蘭菊に見惚れていた葛の葉は、つい人間の姿であることを忘れ、真の姿をわが子に見られてしま...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/05/03 (月) ~ 2010/05/03 (月)
劇場 昭和音楽大学北校舎第一スタジオ
出演 中西和久
脚本 ふじたあさや
演出 ふじたあさや
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 3,500円
【発売日】2010/02/15
席指定
3,500円
サイト

http://www.artericca-shinyuri.com/2010/program/detail/detail_015.php

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 狩で追われた狐を助けたために、命を狙われた安倍保名は、森で迷い、葛の葉と名乗る美しい娘に助けられる。やがて二人は子どもを授かり幸せな生活を営む。だがこの葛の葉こそ、保名に助けられた狐の化身だった。ある日、庭の蘭菊に見惚れていた葛の葉は、つい人間の姿であることを忘れ、真の姿をわが子に見られてしまう。もう隠し通せないと思った葛の葉は、そばの障子に歌を残し、泣く泣く元の棲家へ帰っていく。
数年後、保名は、成長したわが子と京の都にのぼる。この子こそ、後に帝の病を治し、数々の奇跡をおこす安倍晴明である。最後は天文博士にまで上りつめた晴明の栄華・栄光は後世まで語り継がれていく。しかし……。
この物語は、民話の「狐女房」と、安倍晴明伝説が結びついた美しい幻想的な物語で、文楽、浄瑠璃、瞽女唄、人形芝居、落語などさまざまな形で上演され、特に歌舞伎の「葛の葉子別れの段」は有名です。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2010/03/13 09:05 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/03/13 09:06 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大