演劇

短編演劇アンソロジーⅦ 芥川龍之介篇その三 

魔術・龍・白 より

演劇

短編演劇アンソロジーⅦ 芥川龍之介篇その三 

僕たちの中の龍之介

魔術・龍・白 より

劇団キンダースペース

北とぴあ ペガサスホール(東京都)

2010/07/01 (木) ~ 2010/07/04 (日) 公演終了

上演時間:

芥川龍之介の作品は、私たちを捉えて離さない物語の展開、神秘的で怪異的でありながら説得力のあるストーリー、何よりも作品の完成度の高さで、子どもから大人までをひきつける魅力を持っています。
「魔術」には、ミスラ君という魔術を使う男が登場します。
「龍」は、生まれつき鼻が大きく赤いお坊さんが...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/07/01 (木) ~ 2010/07/04 (日)
劇場 北とぴあ ペガサスホール
出演 瀬田ひろ美、平野雄一郎、小林元香、深町麻子、秋元麻衣子、安食真由美、森下高志、清水拓也、有本孝浩
脚本 原田一樹
演出 原田一樹
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 5,500円
【発売日】2010/04/01
全自由席 前売り3000円 
(当日3300円)
ペア券 5500円(お二人でご入場の方
大学生・養成所割引 2500円
高校生 1500円
小学生・中学生 1000円 
サイト

http://www.kinder-space.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 芥川龍之介の作品は、私たちを捉えて離さない物語の展開、神秘的で怪異的でありながら説得力のあるストーリー、何よりも作品の完成度の高さで、子どもから大人までをひきつける魅力を持っています。
「魔術」には、ミスラ君という魔術を使う男が登場します。
「龍」は、生まれつき鼻が大きく赤いお坊さんが主役です。
「白」とは、尻尾まで牛乳のように白い犬の名前です。
 「魔術」の欲、「龍」の嘘、「白」の後悔。
そして、再生への願い。
この三つの物語をお芝居にします。
日本という国と、そこに生きている私たち日本人というものを見つめなおし、感じとってください。
小学校低学年から大人の方まで楽しんでいただける作品です。

魔術
ハッサン・カンの秘法を使うというマティラム・ミスラの邸を訪ねた「私」は、目の前で見る魔術に驚く。伝授を乞うとミスラは「欲を捨てなければならない」との条件を出す。ひと月後、魔術を習得した「私」は友人に披露、驚愕を得た後、友人の口車に乗ってカルタをすることになる。「欲」のない私は勝ちつづけるが、最後の大勝負で、「私」は魔術を使って勝つ。その瞬間「私」はまだ、ミスラの邸にいることに気づく。一月と思った一瞬の夢の間に「魔術を持つ資格のない人間」だと悟らされる。


奈良興福寺で蔵人にまで出世した恵印は、生まれついて鼻が大きく赤く、仲間から「鼻蔵」と陰で仇名されていた。面白くない恵印はある日、猿沢の池のほとりに立て札を立てる。「三月三日、この池より龍昇らんずるなり」。その日の内にこの噂は寺内を騒がせ、恵印がほくそ笑んだのもつかの間、町中はおろか奈良から摂津・河内・近江・丹波まで一円に広まり、恵印の心胆を寒からしめる。嘘を告白できぬまま、三月三日、猿沢の池には僧俗、身分の高いもの低いもの、老若男女がつめかける。虚偽の創造者、つまり創作家としての開き直りと、真実というものの危うさに目覚める恵印。その時、一天俄かに掻き曇り、池の面がざわめいたと思うと……


尻尾まで牛乳のような犬の「白」は、ある日、友達のクロが犬殺しに捕まる場に出くわす。吼えて知らせようとするが瞬間、犬殺しに睨まれて足がすくみ、逃げてしまう。やっと家に戻ってきた白を出迎えたのは、自らの真っ黒になった体と、飼い主の坊ちゃん嬢ちゃんに狂犬と思われての追放だった。自分の罪によることを知った白は、命をかけた人助けや戦いを続ける。それも死んでしまいたいとの思いだったが、不思議に死ぬことが出来ない。最後に自死を決意し、戻ってきたのは追い立てた飼い主の元であった。ここで白は、自分を抱きしめた嬢ちゃんの目に映っている、自らの真白い体を見る。
その他注意事項 未就学児童のご入場に関しては、ご予約の際、御相談ください。

公演に先駆けて無料ワークショップがあります。
6月6日(日)14時~ 龍之介を読む会①
6月6日(日)15時30分~ もうすぐ初日! ワークショップ 
6月13日(日)14時~ 龍之介を読む会②

■もうすぐ初日! ワークショップ 
演出家 原田一樹を中心に、芝居作りの行程や上演作品の紹介、演劇そのものの持つ魅力についてなど、演劇をより身近に感じていただく為のセミナー形式のワークショップです。お気軽にご参加ください。

■龍之介を読む会
芥川龍之介の作品の一部を参加者と劇団員で読みます。実際に声に出し、耳で聴き、心で感じることで、観劇する面白さをより味わっていただこうとする試みです。お子さんと一緒に読みたくなる、次世代に語り継ぎたくなる作品に出会えるかもしれません。6日は今回の上演作品を含む2作品を取り上げます。13日はお子さんも含めて作品を読んだ後、キンダースペース劇団員による「白」のリーディングシアターをご覧いただきます。

場所/北とぴあ(王子駅下車2分) 14F スカイホール
TEL 03-5390-1221

ご参加いただけます方は、このメールの返信で希望日時と人数をお伝えください。
「読む会」は読まないで「聞く」だけの参加も歓迎します。
スタッフ 照明/篠木一吉
音響/浦崎貴
舞台監督/村信保
ちらしデザイン/古木杏子
舞台写真/中川忠満

[情報提供] 2010/03/09 19:28 by けさく

[最終更新] 2010/07/12 13:21 by けさく

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大