マシュマロ・ウェーブ

シアターグリーン BOX in BOX THEATER(東京都)

2010/03/17 (水) ~ 2010/03/22 (月) 公演終了

上演時間:

マシュマロ・ウェーブは4年がかりで「ダニエル・マカイバー・トリロジー」の上演に取り組んでいます。現代を生きる女性の夢を実現に導く様々な示唆にあふれた三部作もいよいよ最終章を迎えます。
2007年「YOU ARE HERE」、2009年「HOW IT WORKS」に続きトリを飾るのは、1998...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/03/17 (水) ~ 2010/03/22 (月)
劇場 シアターグリーン BOX in BOX THEATER
出演 石井・花・マリーザ、小関リナ、松田アシーナ
脚本 ダニエル・マカイバー
演出 木村健三
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 3,000円
【発売日】
当日・前売とも 3,000円
三姉妹割引あり(席数限定 要予約)詳細はHPへ
サイト

http://marshmallow-waves.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 マシュマロ・ウェーブは4年がかりで「ダニエル・マカイバー・トリロジー」の上演に取り組んでいます。現代を生きる女性の夢を実現に導く様々な示唆にあふれた三部作もいよいよ最終章を迎えます。
2007年「YOU ARE HERE」、2009年「HOW IT WORKS」に続きトリを飾るのは、1998年にマカイバーの生まれ故郷であるカナダ・ノバスコシア州、ケープブレトンを舞台に書かれた「マリオン・ブリッジ」。
この美しく繊細な物語はカナダの現代演劇が誇る代表作として、カナダ全土で広く愛され、ニューヨーク、オフ・ブロードウェイをはじめ世界各地でも上演され、またマカイバー自身の脚色により映画化もされています。このたび、「3つの大陸からやって来た3人の女優」による東京公演がついに幕を開けます。

カナダ・ノバスコシア州、ケープブレトン。
離れ離れに暮らす三姉妹が久しぶりに生家で顔をそろえる。
今まさに人生に幕をおろそうとしている母親と最期の日々を過ごすために。
トロントで女優をしている長女アグネス、修道女として田舎の修道会で農業を営む次女テレサ、引きこもりの三女ルイーズ。
逃げた道、飛び込んだ道、選ぶことすら出来なかった道、ゴールを期待することなくただ進みつづけた道。三人がそれぞれに抱える孤独や痛みは、彼女たちが分岐点で選びつづけた道の結果だった。
唐突に訪れた、故郷、家族そして自分自身を見つめなおす時間は、三姉妹を互いに向き合わせ、ぶつかり合わせ、不思議とわだかまりを洗い流していく。たどり着いたと思っていた所にゴールはなく、この先もまだまだ続く新しい道の上だったことを知る。人生はまだ終らない。続くことこそが希望であると気付き、三人はまたそれぞれの一歩を踏み出す。
その他注意事項 3/18(木) 公演終了後、ミニトークショー予定
3/20(土) 15:00の回は英語台本によるリーディンク公演
スタッフ 照明:倉本泰史
音響:渡辺禎史
衣装:豊満雅子
ヘアメイク:増田阿貴子
演出助手:小橋豊
舞台監督:石川ゆうや
宣伝美術:豊島恵輔(DIPE) 松本英彦(DIPE)
宣伝写真: Cyndi Gordon Photography
宣伝ヘアメイク: Vicky Mina
翻訳・制作:横井典子
後援:カナダ大使館 国際交流基金
主催:マシュマロ・ウェーブ
芸術文化振興基金助成事業

[情報提供] 2010/03/02 03:24 by yokoten

[最終更新] 2010/03/20 00:49 by yokoten

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

yokoten

yokoten(0)

3人の女優による全ての女性へのプレゼントです 翻訳・...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大