演劇

早稲田大学校友会設立125周年記念

講演「坪内逍遙のメッセージ」と「破無礼」上演の二部構成

演劇

早稲田大学校友会設立125周年記念

破無礼〜奥州幕末のハムレット〜

講演「坪内逍遙のメッセージ」と「破無礼」上演の二部構成

シェイクスピア・カンパニー

早稲田大学大隈記念講堂(東京都)

2010/06/19 (土) ~ 2010/06/19 (土) 公演終了

上演時間:

早稲田大学校友会設立125周年記念イベント。
<第一部>講演「坪内逍遙のメッセージ」(30分)
シェイクスピア・カンパニー主宰 下館和巳
日本におけるシェイクスピア翻訳のパイオニアである坪内逍遙は、誰よりも早くシェイクスピア言語の多様性に着目していました。坪内逍遙が私たちに残してい...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

動画1

すべて見る

東北ことばでくり広げられるシェイクスピア・カンパニーの
『奥州幕末の破無礼』舞台映像の一部です。こちらの動画は
2016年6月18~19日仙台国際センターで開催された第27回
英日・日英翻訳国際会議(IJET-27)の基調講演から。

公演詳細

期間 2010/06/19 (土) ~ 2010/06/19 (土)
劇場 早稲田大学大隈記念講堂
出演 岩住浩一、星奈美、他
脚本 翻訳・脚本;下館和巳、原作;W.シェイクスピア
演出 下館和巳
料金(1枚あたり)
【発売日】
入場無料(全席自由・予約不要)
6/19(土)16:30開演 (15:30開場)
サイト

http://www.age.ne.jp/x/umi/index2.htm

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 早稲田大学校友会設立125周年記念イベント。
<第一部>講演「坪内逍遙のメッセージ」(30分)
シェイクスピア・カンパニー主宰 下館和巳
日本におけるシェイクスピア翻訳のパイオニアである坪内逍遙は、誰よりも早くシェイクスピア言語の多様性に着目していました。坪内逍遙が私たちに残していった遺産の今日的な価値について、劇団で脚本・演出を手がける下館和巳が語ります。

<第二部> 「破無礼」上演 (90分)
2006年3月に仙台で初演後、東北各地及び東京での公演で反響を呼んだ作品のリニューアル上演。歴史の転換点にあった幕末の奥州を舞台に、仙台藩主の嫡男・破無礼(はむれ)の葛藤と狂気を、古典的な仙台の言葉で激しく、そして悲しく語る、シェイクスピア・カンパニーの代表作です。
その他注意事項 <問い合わせ>早稲田大学 文化推進部文化企画課
 TEL / 03-5272-4783 (月〜金 9:00-17:00)
e-mail / art-culture@list.waseda.jp

<主催>早稲田大学 文化推進部文化企画課
    坪内博士記念演劇博物館
<協力>早稲田大学校友会
スタッフ 音楽;橋元成朋
照明;松崎太郎
構成;山路けいと

[情報提供] 2010/02/28 13:25 by kate

[最終更新] 2010/06/17 10:22 by 早稲田大学文化企画課

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大