演劇

グリーン・レクイエム

『采女』より

現代能シアタープロジェクト

アトリエ・カノン(東京都)

2010/03/12 (金) ~ 2010/03/14 (日) 公演終了

上演時間:

現代能シアタープロジェクトは、能を題材に現代劇として再構成する試みです。トトロの樹と呼ばれ、伐採を免れた大樹が見守るアトリエ・カノンで、希望の木を植える能『采女』を現代劇として上演します。

能『采女』あらすじ
諸国を旅する僧が、春日神社に詣でると、一人の女が木を植えているので、何のため...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/03/12 (金) ~ 2010/03/14 (日)
劇場 アトリエ・カノン
出演 三橋麻子、葉月結子、鞠みちえ
脚本 中田彩星
演出 中田彩星
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,000円
【発売日】2010/01/25
初日12日前売2000円当日2500円、13・14日前売2500円当日3000円
サイト

http://gendainoh.at.webry.info/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 現代能シアタープロジェクトは、能を題材に現代劇として再構成する試みです。トトロの樹と呼ばれ、伐採を免れた大樹が見守るアトリエ・カノンで、希望の木を植える能『采女』を現代劇として上演します。

能『采女』あらすじ
諸国を旅する僧が、春日神社に詣でると、一人の女が木を植えているので、何のために植えているのか訊ねた。すると、女はこの社の縁起を語り、木を植えるのは神の御心に添うためだと語る。そして、僧を猿澤の池に連れて行き、読経を依頼する。僧が誰のためかと問うと、昔ある采女がこの池に身を投げたことを話し、実は私がその采女の霊だと告げて、池の底に姿を隠した。その夜、僧が読経していると、ありし日の姿の采女が現れ、当時の生活や逸話を語り、舞い、よく供養してほしいと頼んで再び池の底へ沈んだ。采女とは、宮廷に仕えた女官のことを言う。現在でも、毎年秋に采女祭が奈良駅近くの猿澤の池で開催されている。
その他注意事項 初日割引あり、アフタートーク、ワークショップあり。杉並演劇祭参加作品です。
スタッフ 【照明】佐瀬三恵子、【衣装】竹内陽子

[情報提供] 2010/02/27 14:48 by 彩星

[最終更新] 2010/03/21 22:02 by 彩星

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

彩星

彩星(6)

会場前のケヤキの大樹に関わる話になりました。会場1階の...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大