Port B(ポルト・ビー)

黄金町エリア一帯(横浜市中区)(神奈川県)

2010/03/06 (土) ~ 2010/03/14 (日) 公演終了

上演時間:

話題作『個室都市 東京』など、演劇の境界線を刷新し続けるアーティスト、高山明(Port B)。
3年間にわたるリサーチを経て、ついに横浜が演劇的実験場となる。
演出ノート

演劇ってどんなメディアなのだろうか? いろんな可能性があるはずだが、僕は「交流をオーガナイズするメディア」という...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/03/06 (土) ~ 2010/03/14 (日)
劇場 黄金町エリア一帯(横浜市中区)
出演 リサーチを経て決定
脚本 高山明(PortB)
演出 高山明(PortB)
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 1,500円
【発売日】
1500円
当日、受付にてお支払いください。
トークは入場無料です。
サイト

http://kyunasaka.jp/topics/events/post_20.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 話題作『個室都市 東京』など、演劇の境界線を刷新し続けるアーティスト、高山明(Port B)。
3年間にわたるリサーチを経て、ついに横浜が演劇的実験場となる。
演出ノート

演劇ってどんなメディアなのだろうか? いろんな可能性があるはずだが、僕は「交流をオーガナイズするメディア」という見方をしたい。 それを舞台と客席、あるいは俳優と観客との「交流」だけに閉じこめてしまっては詰まらないのだけれど、考え方のベクトルを逆にして、学校や風俗店や建物や都市といったものに「演劇」=「交流をオーガナイズするメディア」を見る方が刺激的だと感じる。というかそこに身を晒して自分/演劇の方を掻き回してもらうのが面白くて、これを方法としてやってきたのだなと最近になって気づいた。つまり、社会に「演劇」を見いだし、その「演劇」を改めて演劇のなかに引っ張り込んでくること。今回横浜に向き合ってこの町ならではの「交流」を探した結果、やはりと言うべきか、「国際交流(上から下まで)をオーガナイズするメディア」にチャレンジすることになりました。(高山明)
その他注意事項 【参加方法】本作品は、お一人様ずつの参加(体験)となります。
体験時間の目安は60分〜90分程度を予定しておりますが、
状況によっては予定時間を超える場合もございます。
スタッフ ドラマトゥルク/プロデューサー 相馬千秋
演出助手/宣伝美術 相模友士郎
映像 宇賀神雅裕
舞台技術 清水義幸+カフンタ、井上達夫
内装デザイン 江連亜花里
ウェブアドヴァイザー 作田知樹
クリエーションスタッフ 遠藤幹大、柿沼緑、玄宇民、田中沙季、
冨田了平、三上亮
制作 加藤弓奈

[情報提供] 2010/02/26 00:32 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/02/26 00:34 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大