劇団Peek-a-Boo

東京芸術劇場 シアターウエスト(東京都)

2010/09/30 (木) ~ 2010/10/03 (日) 公演終了

上演時間:


ある夏の暑い日の夕方、僕は死んだ。


死後の世界の入り口は、人間も動物も共存している世界。
そこで出会った一人の少年は、昔死んだ俺の親友だった。
俺おっさん。あいつ子供のまま―――。
俺達は、天国か地獄の審判を受けなくてはならなかった。
審判の日まで数日ある。
「彼女に伝...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/09/30 (木) ~ 2010/10/03 (日)
劇場 東京芸術劇場 シアターウエスト
出演 武末志朗、小野麻紀、水出浩子、坪田美香、河村桂子、(以上、劇団Peek-a-Boo)、杉原勇武、水田わさび、かまだまさとし、圷真理子、柏山千春、古澤絵梨佳、玉渕正紀、飯島紳互、中谷智昭、高田健一、平田晶子、石橋あゆみ、池田和也、槌谷和己、高橋辰典、姜愛鈴、中野裕巳、緒方亜美、相原準、山寺恵美、新井晶江、木村太郎、萩原美妃
脚本 武末志朗
演出 武末志朗
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 5,500円
【発売日】2010/08/01
前売…3000円、当日…3500円
2公演通しチケット…9/23~26に行われる『11月15日の夜空に』と同時予約で、5500円
ジェネチケ…家族でご来場で、お一人様2500円
ファンクラブ会員はすべてのチケットから500円off!
サイト

http://hwm6.gyao.ne.jp/all-neoneo/peek-a-boo/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明
ある夏の暑い日の夕方、僕は死んだ。


死後の世界の入り口は、人間も動物も共存している世界。
そこで出会った一人の少年は、昔死んだ俺の親友だった。
俺おっさん。あいつ子供のまま―――。
俺達は、天国か地獄の審判を受けなくてはならなかった。
審判の日まで数日ある。
「彼女に伝えたい想いがあるんだ!!」
天使に頼み込み、残してきた恋人に逢いに、現世に向かう俺達。
しかし、時間軸が違うため、想いを伝える事が出来ない。
「手紙なら想いが伝わるかも…」
大きな紙に想いを託す。そこには意外な言葉が…。
そして、審判の日がやってくる。俺達は天国に行くのか?地獄に落ちるのか?

中盤からの怒涛のドンデン返しのループに、多くの人が涙し、嗚咽する声が客席を木霊した。


Peek-a-Boo最高の自信作!涙せずにはいられない。


【タイムテーブル】
9/30(木)…      19:00A
10/1(金)…14:00B&19:00A
10/2(土)…14:00A&19:00B
10/3(日)…14:00B
(一部Wキャスト)

【チケット】
前売…3000円、当日…3500円
2公演通しチケット…9/23~26に行われる『11月15日の夜空に』と同時予約で、5500円
ジェネチケ…家族でご来場で、お一人様2500円
ファンクラブ会員はすべてのチケットから500円off!
その他注意事項 未就学児童のお子様はご入場いただけません。
受付開始・当日券の販売は開演の1時間前、
開場は開演の30分前になります。
スタッフ 舞台監督/杣谷昌洋・森山香緒梨
音楽/SENTIVE・南澤雅人・五十嵐真樹・帥
音響/彩音オフィス
照明/橋本剛(colore)・ヤマモトナオヒロ
衣裳/田辺雪枝・後藤みなみ
振付/武井真理子
歌唱指導/林まきえ
V撮影/高橋典征
宣伝美術/杉山喜隆
広報宣伝/倉田親男
舞台美術/青木拓也
制作/尾崎結花(B→tops)
企画/劇団Peek-a-Boo

[情報提供] 2010/02/22 12:42 by ふみお

[最終更新] 2010/10/15 17:21 by ふみお

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー12

春奈

春奈(0)

カメラマン。

だっちょ

だっちょ(0)

2年ぶりに帰ってまいりました。

M・T

M・T(1)

頑張ります

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大