演劇

木下順二追悼公演

沖縄

劇団民藝

紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA(東京都)

2007/04/07 (土) ~ 2007/04/18 (水) 公演終了

上演時間:

敗戦から15年目めの夏。青いトロリとした海。小さな離島にアメリカ軍施設のための土地収用の噂が流れてきた・・・。
安保闘争で揺れる日本。1963年に上演された衝撃の問題作『沖縄』。沖縄の歴史は薩摩藩、日本本土、アメリカ軍の搾取と圧政のもとに置かれた歴史だった。
木下順二は沖縄に対する日本人の...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/04/07 (土) ~ 2007/04/18 (水)
劇場 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
出演 日色ともゑ、境賢一、吉岡扶敏
脚本 木下順二
演出 皃玉庸策
料金(1枚あたり) 3,150円 ~ 6,300円
【発売日】2007/02/22
一般6,300円/学生3,150円(全席指定・消費税込)
ナイトチケット4,000円(夜公演のみ、枚数限定)
サイト

http://www.gekidanmingei.co.jp/okinawa.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 敗戦から15年目めの夏。青いトロリとした海。小さな離島にアメリカ軍施設のための土地収用の噂が流れてきた・・・。
安保闘争で揺れる日本。1963年に上演された衝撃の問題作『沖縄』。沖縄の歴史は薩摩藩、日本本土、アメリカ軍の搾取と圧政のもとに置かれた歴史だった。
木下順二は沖縄に対する日本人の原罪意識を心の奥底に、ツカサ(神女)の娘・波平 秀を主人公として書き下ろした。初演は山本安英とぶどうの会。生前のご許可をいただいたこのたびの民藝上演が、はからずも木下順二追悼公演となった。
 沖縄戦から62年。戦後日本の「平和」を考えるとき、沖縄の現在はいまも深く新しい問いをわたしたちに突きつけている。
その他注意事項 木下順二 (きのしたじゅんじ)
1914年8月2日東京・文京区本郷生まれ。10代を熊本で過ごし、東京帝国大学文学部に入学、中野好夫教授のもとでエリザベス朝演劇を専攻。戦後、『彦市ばなし』などの民話劇をへて1949年『夕鶴』を発表。『風浪』『オットーと呼ばれる日本人』『沖縄』などで戦後日本演劇を代表する作家に。『神と人とのあいだ』(第一部「審判」・第二部「夏・南方のローマンス」)『子午線の祀り』そして『巨匠』が最後の劇作となった。戯曲のほか小説、演劇評論、シェイクスピア翻訳など広い分野にわたり活躍。2006年10月30日逝去、92歳。
スタッフ 作・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・木下順二
演出・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・兒玉庸策
装置・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・島 次郎
照明・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・尾藤俊治
衣裳・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・前田文子
効果・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・岩田直行
舞台監督・・・・・・・・・・・・・・・・中島裕一郎
踊り指導・・・・・・・・・・・・・・・・児玉洋子・児玉由利子

[情報提供] 2007/03/20 21:52 by camin

[最終更新] 2007/06/20 22:50 by kite

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大