演劇

弾丸MAMAER

シアターサンモール(東京都)

2007/03/28 (水) ~ 2007/04/01 (日) 公演終了

休演日:なし

上演時間:

STORY
殺人容疑で全国指名手配をかけられた、1人の女。
速水節子、事件当時32歳、身長163センチ、骨太。
男から男へ、日本中を渡り歩き、逃亡生活5465日。
広島のとある終着駅のそばにある、さびれた小さなスナックを舞台に、
執拗に追い続けた刑事が最期に見た、女の抱く光と影とは・...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/03/28 (水) ~ 2007/04/01 (日)
劇場 シアターサンモール
出演 川根有子、中村哲人、山口晶由、たかくら未奈、高橋大二郎、安藤純、小林香織、田仲晶、上海菜都子、滝上裕二、河合伸之、大田正裕、染谷恵子、加藤善丈、宮下千恵、小林広実、水橋千佳子
脚本 竹重洋平
演出 竹重洋平
料金(1枚あたり) 3,200円 ~ 3,800円
【発売日】
全席指定
前売り¥3,500
当日¥3,800
グループ割引¥3,200(3名様以上)※劇団取り扱いのみ
☆木曜昼のみ 前売り¥3,200・当日¥3,500※グループ割引は適用されません
サイト

http://dangan-mamaer.gogo.tc/home/home.htm

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 STORY
殺人容疑で全国指名手配をかけられた、1人の女。
速水節子、事件当時32歳、身長163センチ、骨太。
男から男へ、日本中を渡り歩き、逃亡生活5465日。
広島のとある終着駅のそばにある、さびれた小さなスナックを舞台に、
執拗に追い続けた刑事が最期に見た、女の抱く光と影とは・・・
2004年、弾丸上演作品『駅婦人』を、底なしの完全リメイク!
美容整形逃亡犯がほくそ笑む、無常の悲喜劇!
偽りの二重まぶたが、いま蘇る―

COMMENT
夫を殺して15年、逃げて逃げて逃げまくり、
顔をごっそり整形し、偽名をいくつも使い分け、
推理小説読みまくり、勘を頼りに逃げまくり、
上目使いとモーションで、男をしこたま虜にし、
嘘をつきつき逃げまどい、この終着駅で降りました。
あぁ心から、ごめんなさい。
たぶんもうすぐ、捕まります。
恥ずかしいけど、計画通りです。
私が前より綺麗になっていたら、
遠慮せずにそう言ってください。 
整形逃亡犯・速水節子
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2007/03/19 15:50 by こりっち管理人

[最終更新] 2009/07/20 11:05 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大