演劇

2010年4月、新作公演!

-Lise and Truth-

かくれんぼ

デザイン:重久卓也

0 お気に入りチラシにする

演劇

2010年4月、新作公演!

かくれんぼ

-Lise and Truth-

創作集団Neo-Spirit

D.D.シアター(劇団京芸稽古場)(京都府)

2010/04/16 (金) ~ 2010/04/24 (土) 公演終了

休演日:4月19日(月)、20日(火)

上演時間:

【物語の道すじ】

僕はその人を常に先生と呼んでいた。
僕が先生と知り合ったのは、僕がまだ高校二年の頃だった。

夏を目の前にして、同じクラスの女子に声を掛けられた。
何やらコンクールに向け人手が足りていないらしく、簡単だから手伝って欲しいと。
断る理由もないので快く引...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/04/16 (金) ~ 2010/04/24 (土)
劇場 D.D.シアター(劇団京芸稽古場)
出演 赤堀俊、小池貴史(劇団京芸)、小林のの子(LINKY)、坂下智宏(人形劇団京芸)、鈴木さくら、玉城ちえ
脚本 河口琢磨
演出 河口琢磨
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 2,500円
【発売日】
(前売・当日共)
一般:2,500円、学割:1,500円
※学割対象:高校生以下・大学生・短大生・専門学生
※学割対象の方は、当日受付にて年齢確認の出来るもの、または学生証をご呈示下さい。
サイト

http://neo-spirit.net/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 【物語の道すじ】

僕はその人を常に先生と呼んでいた。
僕が先生と知り合ったのは、僕がまだ高校二年の頃だった。

夏を目の前にして、同じクラスの女子に声を掛けられた。
何やらコンクールに向け人手が足りていないらしく、簡単だから手伝って欲しいと。
断る理由もないので快く引き受けたが、演劇部の裏方は簡単ではなかった。

発表が終わると僕は用済みなので、一人客席に座った。 その時、隣に座っていたのが先生だった。先生は母校の発表を観に来ていたのだった。

すっかり景色が秋に変わった頃。進学するつもりはなかったのだが、どうしても大学だけは出ろと親がうるさく言うので、仕方なく進路を進学へ変えた。
そのとき無理を言って先生に家庭教師をお願いした時から、僕にとって先生は先生なのである。

そして今、僕は大学の卒業論文の題材で悩んでいる。

+++

”物語の道すじ”の冒頭を読んで分かる人には分かったと思います。
そうです!今回の物語は、夏目漱石の「こころ」をモチーフにしてます。
「こころ」をガッツリとネオスピのオリジナル作品へと仕上げます。

乞うご期待!
その他注意事項
スタッフ 楽曲提供:飯嶋慶太郎(Studio301)
音響:黒田治
照明:河口琢磨
衣裳:谷口亜紀子
舞台美術:藤吉圭
宣伝美術:重久卓也
制作:赤土綾子

[情報提供] 2010/02/17 12:12 by 琢磨@ネオスピ

[最終更新] 2010/03/22 23:56 by 琢磨@ネオスピ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

琢磨@ネオスピ

琢磨@ネオスピ(0)

主宰・作・演出です。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大