歌舞伎・伝統芸能

前進座五月国立劇場公演

通し狂言 切られお富

処女翫浮名横櫛

劇団前進座

国立劇場 大劇場(東京都)

2010/05/13 (木) ~ 2010/05/22 (土) 公演終了

上演時間:

前進座歌舞伎の傑作、26年ぶりに待望の上演!
進境著しい嵐広也が、本公演で七代目嵐芳三郎を襲名!

瀬川如皐の代表作『切られ与三―与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし)―』の書き替え狂言。
その切られる人物の与三郎をお富に置きかえた『切られお富―処女翫浮名横櫛(むすめごのみうきな...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/05/13 (木) ~ 2010/05/22 (土)
劇場 国立劇場 大劇場
出演 河原崎國太郎、藤川矢之輔、嵐広也改め嵐芳三郎
脚本 河竹黙阿弥
演出 中橋耕史
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 9,800円
【発売日】2010/03/11
一等席9,800円
二等席4,000円
三等席2,500円
サイト

http://www.zenshinza.com/stage_guide/10ko_otomi/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 前進座歌舞伎の傑作、26年ぶりに待望の上演!
進境著しい嵐広也が、本公演で七代目嵐芳三郎を襲名!

瀬川如皐の代表作『切られ与三―与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし)―』の書き替え狂言。
その切られる人物の与三郎をお富に置きかえた『切られお富―処女翫浮名横櫛(むすめごのみうきなのよこぐし)―』は、お富を魅力たっぷりに描いて原作をしのぎ、悪婆(あくば)物の典型に数えられています。
そもそもは可憐純情な女性だったお富が、疵だらけになりながらも、夫をけしかけ強請り騙り、果てはその夫を包丁で……。
しかしながらその悪事も、とどのつまりは身を捨てて、愛する与三郎に尽くすため…という一途な恋心が引き起こすドラマの数々。濡れ場、責め場、強請り場、立ち廻り―と見どころいっぱい。

先代河原崎国太郎がお富役で、毎日芸術祭賞を受けたのは1981年。このたびは、26年ぶりの上演となり、当代が初役で挑みます。

また、『女殺油地獄』の与兵衛、『江戸城総攻』の山岡鉄太郎等大役を次々とこなし、NHK『坂の上の雲』への出演など幅広い俳優活動で進境著しい嵐広也が、本公演にて、七代目嵐芳三郎を襲名することと相成りました。
その他注意事項
スタッフ 作:河竹黙阿弥
補綴:小池章太郎
演出:中橋耕史

[情報提供] 2010/02/13 14:34 by 華崎

[最終更新] 2010/09/26 16:12 by 華崎

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大