その他

ショパン生誕200年記念公演

リシェツキ ピアノリサイタル

マキノキカク

あいれふホール(福岡県)

2010/03/21 (日) ~ 2010/03/21 (日) 公演終了

上演時間:

フレデリック・ショパンの作品からなるプログラムを演奏するのは、ポーランドのピアニスト、イグナツィ・リシェツキ。
民族色の強いショパンの作品は、同郷のピアニストでしか成し得ないショパン音楽の境地が少なからずあります。それを、繊細さと大胆さの両極端の表現が魅力のリシェツキが、甘美なメロディーで...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/03/21 (日) ~ 2010/03/21 (日)
劇場 あいれふホール
出演 イグナツリシェツキ、村上勝
脚本
演出
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,000円
【発売日】
サイト

http://www.facebook.com/profile.php?id=770643842#!/tayuki?ref=ts

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 フレデリック・ショパンの作品からなるプログラムを演奏するのは、ポーランドのピアニスト、イグナツィ・リシェツキ。
民族色の強いショパンの作品は、同郷のピアニストでしか成し得ないショパン音楽の境地が少なからずあります。それを、繊細さと大胆さの両極端の表現が魅力のリシェツキが、甘美なメロディーで聴かせます。

しかも、今回のピアノリサイタルは従来のピアノリサイタルの枠に留まりません。
極上の聴覚的刺激を与えるだけでなく、視覚的にも想像力を刺激する仕掛けが、福岡在住の現代美術家、村上勝氏によって施されることになっています。

福岡だけで実現する芸術とアートのコラボレーションです。


◆◇◆

≪リシェツキ ピアノリサイタル≫

 シューマン:子供の情景 作品15
 ショパン:ノクターン 遺作他
      バラード第4番 作品52
      幻想曲 作品49
      ソナタ第3番 作品58

◆福岡公演

 日時:2010年3月21日(日・祝)open 18:30, start 19:00
 会場:あいれふホール(福岡市健康づくりセンター10F/270名収容)
 最寄駅:地下鉄赤坂駅
 入場料:¥3,000(高校生以下¥2,000)
 チケット予約・問い合わせ:Eメール/ musilogue@gmail.com Fax/ 092-751-3885
 主催:MUSILOGUE
 後援:駐日ポーランド大使館, (株)全日本ピアノ指導者協会, カーサ・フェルマータ,    (株)ヤマハミュージック九州福岡店営業課,(株)ファイネストピアノ福岡
 
 ▸pianist: Ignacy Lisiecki(イグナツィ・リシェツキ)
ポーランド・ポズナニ生まれ。ワルシャワのショパン音楽院(現在のショパン音楽大学)を修了(2005)後、現在はドイツの名門ハノーファー音楽演劇大学のソリストディプロマコースに在籍し、ポーランド国内外で頻繁に演奏活動を行う。アイナル・シュテイン・ノクレベルグ氏(ピアニスト)は「リシェツキのピアノの音質に対する繊細な理解力と強烈な芸術的個性は、持続的緊張感をもって聴衆の心を奪う」、「卓越した音楽構造を創り出す」ピアニストと絶賛。今年の3月は、イスラエル、ワルシャワでリサイタル後に来日。福岡、東京、大阪でリサイタルの予定。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2010/02/11 02:17 by maki

[最終更新] 2010/03/12 11:54 by maki

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大