ミュージカル

月組 ミュージカル・ロマン

〜木原敏江原作「とりかえばや異聞」(小学館文庫)より〜

ミュージカル

月組 ミュージカル・ロマン

紫子(ゆかりこ)-とりかえばや異聞-

〜木原敏江原作「とりかえばや異聞」(小学館文庫)より〜

宝塚歌劇団

中日劇場(愛知県)

2010/02/01 (月) ~ 2010/02/24 (水) 公演終了

上演時間:

 1987年、峰さを理、南風まい、日向薫、紫苑ゆうら星組により上演され、再演の呼び声の高かった名作が、23年振りに甦ります。平安末期に書かれた作者不詳の「とりかえばや物語」を更にドラマティックに創り上げた木原敏江作「とりかえばや異聞」は、時代背景を王朝の貴族世界から、戦国の武家社会に移し、再構...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/02/01 (月) ~ 2010/02/24 (水)
劇場 中日劇場
出演 霧矢大夢、蒼乃夕妃
作曲
脚本 柴田侑宏
演出 大野拓史
料金(1枚あたり) 6,000円 ~ 7,500円
【発売日】2009/11/27
A席 7,500円、B席 6,000円(税込)
サイト

http://kageki.hankyu.co.jp/revue/162/index.shtml

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明  1987年、峰さを理、南風まい、日向薫、紫苑ゆうら星組により上演され、再演の呼び声の高かった名作が、23年振りに甦ります。平安末期に書かれた作者不詳の「とりかえばや物語」を更にドラマティックに創り上げた木原敏江作「とりかえばや異聞」は、時代背景を王朝の貴族世界から、戦国の武家社会に移し、再構成したものです。時は安土桃山時代。紫子は女でありながら生来の男勝りで、跡継ぎのない家に育ったため、武芸一般を学んでいた。父が急死した紫子に、思いがけない事実が伝えられる。紫子は安芸の大名の娘で、現領主と双生児であるため密かに養家に預けられたという。ところが兄の領主・碧生が病気になり、他国に知られぬよう、替え玉を務めて欲しいというのである……。兄の替え玉となった紫子の、兄の志と領国を守るための自己犠牲を中心に、紫子を巡る人々—風吹、舞鶴姫、定嗣の愛が描かれます。

※ファンタスティック・ショー
『Heat on Beat!(ヒート オン ビート)』
作・演出/三木章雄
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2010/02/11 01:21 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/02/11 01:22 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大