舞踊・バレエ

恵比寿映像祭 http://www.yebizo.com/

Fragment murder case/不連続殺人事件

デザイン:フライヤーアートワーク:鈴木ヒラク

0 お気に入りチラシにする

舞踊・バレエ

恵比寿映像祭 http://www.yebizo.com/

Fragment murder case/不連続殺人事件

ROKAPENIS

東京都写真美術館(東京都)

2010/02/23 (火) ~ 2010/02/23 (火) 公演終了

上演時間:

ダンスカンパニー『BABY-Q』で映像演出を手がける一方で、ライブやPVといった音楽の現場ではVJ/映像作家として精力的に活動を行うrokapenisこと斉藤洋平が、新作パフォーマンス作品「Fragment muder case/不連続殺人事件」を以て、プロジェクション=映像表現とダンス=身体...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/02/23 (火) ~ 2010/02/23 (火)
劇場 東京都写真美術館
出演 目黒大路、ケンジル・ビエン、多田汐里
演出 斉藤洋平
振付 斉藤洋平
料金(1枚あたり) 1,800円 ~ 2,000円
【発売日】
全席自由-1,800円/当日-2,000円
2010年2月23日(火)19:30start
東京都写真美術館B1
サイト

http://www.myspace.com/rokapenis

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ダンスカンパニー『BABY-Q』で映像演出を手がける一方で、ライブやPVといった音楽の現場ではVJ/映像作家として精力的に活動を行うrokapenisこと斉藤洋平が、新作パフォーマンス作品「Fragment muder case/不連続殺人事件」を以て、プロジェクション=映像表現とダンス=身体表現といったそれぞれ異質の緊張を孕んでいる領域を“ライブ”という時間軸の中で有機的に結びつけることを試みる。 連続性が失われ断片化された記憶。 分断され意味をなさない大量の情報や思考により混乱した3人が、思考を形作る前の信号とでもいうような衝動に翻弄されていく。 生と死。 現在と過去。 開放と閉塞。 相反する全てが同じ場所にあるパラレル・パラノイア・ストーリー。
(上演後、斉藤洋平、鈴木ヒラク、アート倉持によるポストトーク有り)
その他注意事項
スタッフ 映像/演出:斉藤 洋平
ダンス:目黒 大路
    ケンジル・ビエン
    多田 汐里
音楽:dill
楽曲提供:killer bong
  world's end girlfriend
  maruosa
衣装:ぺーどろりーの
舞台監督/技術協力:遠藤豊(LUFTZUG)
協力:BABY-Q
清水幸代
フライヤーアートワーク:鈴木ヒラク

[情報提供] 2010/02/07 23:30 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/02/20 00:26 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大