SIS Company

Bunkamuraシアターコクーン(東京都)

2010/04/17 (土) ~ 2010/05/16 (日) 公演終了

休演日:4/19,26 5/3,10

上演時間:

■2010/4/9「シアターガイド」ニュースより
http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2010/04/09_04.php
『シス・カンパニー公演『2人の夫とわたしの事情』大森博史が降板』

松たか子主演のシス・カンパニー公演『2人の夫と...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/04/17 (土) ~ 2010/05/16 (日)
劇場 Bunkamuraシアターコクーン
出演 猪岐英人、新橋耐子、皆川猿時、水野あや、池谷のぶえ、西尾まり、皆戸麻衣、松たか子、段田安則、渡部徹
脚本 サマセット・モーム
演出 ケラリーノ・サンドロヴィッチ
料金(1枚あたり) 5,000円 ~ 9,000円
【発売日】2010/03/07
S席¥9,000/A席¥7,000/コクーンシート¥5,000
サイト

http://www.siscompany.com/03produce/27futari/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ■2010/4/9「シアターガイド」ニュースより
http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2010/04/09_04.php
『シス・カンパニー公演『2人の夫とわたしの事情』大森博史が降板』

松たか子主演のシス・カンパニー公演『2人の夫とわたしの事情』で、ラーハム弁護士役で出演予定だった大森博史が、体調不良のため降板することがわかった。

代役はナイロン100℃の猪岐英人が務める。公演は4月17日(土)より、Bunkamura シアターコクーンにて開幕。

■あらすじ
愛する夫を戦争で失った妻(松たか子)。 
戦争未亡人となった彼女は夫の親友(渡辺徹)の求愛を受け、めでたく再婚する。そこに、戦死したはずの “前” 夫(段田安則)がひょっこり生還!
 戦争に翻弄された “けなげな妻” と “2人の夫たち” の涙なくしては語れない大悲劇・・・・・・と思いきや、 “故国[HOME]に残した[&]愛しき人[BEAUTY]”の諸事情には、愛情だけでは計れない様々な思惑が絡まって、そして、事態は予想外の方向へ!?
 文豪サマセット・モームのシニカルな視点が冴える“ある結婚をめぐる事情”。1919年発表とは思えない、ぶっ飛んだシチュエーションで展開する異色コメディが、鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの手で日本初登場。KERA×演技派キャスト大集合で、チャーミングな松たか子の魅力が炸裂! 
 注目の顔合わせに是非ご期待ください!
その他注意事項 未就学児童入場不可。
スタッフ 美術:二村周作/照明:小川幾雄/衣裳:前田文子/音響:水越佳一
ヘアメイクデザイン:勇見勝彦/演出助手:西祐子/舞台監督:瀧原寿子
プロデューサー:北村明子/提携:Bunkamura/企画・製作:シス・カンパニー

[情報提供] 2010/02/07 11:09 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/02/12 20:16 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大