演劇

ワーサルシアター 柿落し公演

歌謡曲。2010

レンタルスタジオワーサル

ワーサルシアター(東京都)

2010/01/27 (水) ~ 2010/02/03 (水) 公演終了

上演時間:

- 伝説の三人芝居を全く趣の違うキャストで3バージョン上演! -

ときは幕末。
ところは京都。
- 慶応三年十一月十五日、坂本龍馬暗殺 -
舞台はその二日後、現場近くに設けられた容疑者面接会場。
「我こそが下手人である」と名告(なのり)を上げ、続々と現れる何やらイワクありげな容疑...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/01/27 (水) ~ 2010/02/03 (水)
劇場 ワーサルシアター
出演 木戸雅美(RIDEOUT)、大成修司(リベルタ)、MA☆SA、宮澤正(ケッケコーポレーション)、藤原習作(劇団め組)、川﨑初夏(ワーサルシアター支配人)、加藤和久(みかんピープル)、清河寛(ハマコクラブ×キヨコクラブ)、佐藤あかり(劇団俳優座)、佐藤修二(ワーサル)、梅村法男、信田素秋、渡瀬圭輔、真鍋恭輔、深尾尚男、佐藤元、みそ、清水理加
脚本 ナオコ・バレンタイン
演出 ナオコ・バレンタイン
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 3,000円
【発売日】
(日時指定、全席自由)
サイト

http://worsal.com/theater/info.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 - 伝説の三人芝居を全く趣の違うキャストで3バージョン上演! -

ときは幕末。
ところは京都。
- 慶応三年十一月十五日、坂本龍馬暗殺 -
舞台はその二日後、現場近くに設けられた容疑者面接会場。
「我こそが下手人である」と名告(なのり)を上げ、続々と現れる何やらイワクありげな容疑者たち!
迎えるは、京都所司代より特別に依頼を受け派遣されてきた私立探偵・明智耕之介と、その助手・小林サチコ!
巨額の懸賞金を巡り、支離滅裂、驚天動地、抱腹絶倒の面接バトルが、今はじまる

『歌謡曲。2010』

この作品は、果たしてNHK大河ドラマを越えられるのか?!
京王線・八幡山駅前に新規オープンする「ワーサル・シアター」。
その記念すべき柿(こけら)落し興行として選ばれたのは、1995年の初演時から好評を
博し、時代とともに姿を変え繰り返し上演されてきた伝説の三人芝居の15周年決定版。

今回は、個性むき出しの9名の俳優たちによる3バージョン・計15ステージをご用意し、
「昭和」をこよなく愛するあなたに一足早い春一番の嵐をお届けします!!
その他注意事項
スタッフ 舞台監督:阿部けん(α-舞台工房)
照明:島田雄峰(LST)
音響:飯田彰子
音響協力:田島誠治(Sound Gimmick)
タイトルロゴ:加藤武(Tees工房)
ダンス振付:MA☆SA
殺陣:佐藤修二(ワーサル)
演出助手:岸京子
宣伝美術:渡邉大地(ワーサル)
制作:宮﨑由
企画制作:ワーサルシアター
プロデューサー:川﨑初夏

[情報提供] 2010/01/28 16:07 by らし

[最終更新] 2010/01/30 22:39 by らし

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大