舞踊・バレエ

ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団 特別公演

舞踊・バレエ

ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団 特別公演

私と踊って

ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団

滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール(滋賀県)

他劇場あり:

2010/06/05 (土) ~ 2010/06/05 (土) 公演終了

上演時間:

桁外れの創造力で、ことばと音楽と劇的情景によって展開する「タンツテアター」をめざして処女作を1968年に発表してから10年目、そしてヴッパタール舞踊団芸術監督に就任してから5年目に、「私と踊って」は創作された。この作品で「タンツテアター」は見事に結実し、輝きはじめ、熱狂させる名舞台となり、華々...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/06/05 (土) ~ 2010/06/05 (土)
劇場 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール
出演 ヴッパタール舞踊団
演出 ピナ・バウシュ
振付 ピナ・バウシュ
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 13,000円
【発売日】2010/02/21
S席13,000円(12,000円)A席11,000円(10,000円)B席9,000円(8,000円) C席7,000円 D席5,000円 E席3,000円  ※(  )内は友の会料金(びわ湖ホールのみの取り扱い) ※青少年割引当日券あり
サイト

http://www1.ocn.ne.jp/~ncc/pina10/schedule.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 桁外れの創造力で、ことばと音楽と劇的情景によって展開する「タンツテアター」をめざして処女作を1968年に発表してから10年目、そしてヴッパタール舞踊団芸術監督に就任してから5年目に、「私と踊って」は創作された。この作品で「タンツテアター」は見事に結実し、輝きはじめ、熱狂させる名舞台となり、華々しい評価を世界に広げた。ライトモチーフを初演から踊り続けている主要メンバーのジョセフィン・アン・エンディコットは、「私の全人生をかけた、体の中に永遠に記憶される作品です」と語っている。
27名のダンサーが登場する大作。「ピナ・バウシュ・フェスティバル2001」からしばらく上演が封印されていていたが、2008年10月と2010年2月にヴッパタールで復活上演が行われ、日本公演にそなえられている。
「私と踊って」のタイトルは、はじめ“Volkslieder”(歌謡)とする予定だったといわれる。ダンサーがソロとコーラスでリュートの伴奏で歌う16曲のドイツの古い歌謡が舞台に溶け込み、歌詞の背後にある“愛と死と喜び”を表出している。「私と踊って」というタイトルそのままに、このことばがなんども繰り返される。女はこのことばをあらゆるヴァリエーションで表現する。

photo: エー・アイ 飯島直人
こころに悩みをもつ人が増大する現代社会で、救いようのない状況に出会ったとき、自分を支えてくれていた人を失ったとき、生きるということはどういうことか、いかに生きるべきか考えさせられる。「私と踊って」は現代のこころの闇という世界を容赦なく突きつけ、えぐりだす。観客は会場に入ったときから作品に取り込まれ、舞台への参加が呼びかけられているようだ。
「私と踊って」、
踊って、
踊って……
その他注意事項 未就学児童入場不可。
スタッフ ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団 特別公演
TANZTHEATER WUPPERTAL PINA BAUSCH
「私と踊って」
Komm tanz mit mir(1977)
全一幕 約2時間

出演: 振付・演出:ピナ・バウシュ 美術・衣裳:ロルフ・ボルツィク
曲目:古いドイツ歌謡より リュート伴奏、独唱、合唱

[情報提供] 2010/01/26 13:01 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/08/21 07:07 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大