歌舞伎・伝統芸能

シネマ歌舞伎

なんばパークスシネマ(大阪府)

他劇場あり:

2010/01/09 (土) ~ 2010/01/29 (金) 公演終了

上演時間:

金と女が大好きな法界坊(勘三郎)は、どこか憎めない愛嬌あふれる乞食坊主。永楽屋娘お組(扇雀)に恋い焦がれる法界坊は、盗まれた吉田家お家の重宝“鯉魚の一軸(りぎょのいちじく)”をお組と恋仲である手代の要助(実は、吉田宿位之助松若(よしだとのいのすけまつわか)・勘太郎)が探し求めていると知ります。...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/01/09 (土) ~ 2010/01/29 (金)
劇場 なんばパークスシネマ
出演 中村勘三郎、中村橋之助、中村勘太郎、中村七之助、中村歌女之丞、笹野高史、片岡亀蔵、坂東彌十郎、中村扇雀
脚本
演出 串田和美
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,000円
【発売日】
【入場料金】当日:2,000円(税込)
特別興行につきサービスデー、レディースデーなど各種割引料金の設定はございません
サイト

http://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/lineup/11/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 金と女が大好きな法界坊(勘三郎)は、どこか憎めない愛嬌あふれる乞食坊主。永楽屋娘お組(扇雀)に恋い焦がれる法界坊は、盗まれた吉田家お家の重宝“鯉魚の一軸(りぎょのいちじく)”をお組と恋仲である手代の要助(実は、吉田宿位之助松若(よしだとのいのすけまつわか)・勘太郎)が探し求めていると知ります。いい金蔓(かねづる)を見つけた欲深い法界坊に、永楽屋番頭の正八(亀蔵)や山崎屋勘十郎(笹野高史)らも加わり、鯉魚の一軸を巡る悪巧みが繰り広げられます。一度は道具屋甚三郎(実は吉田家の忠臣・橋之助)にやり込められ散々な目に遭った法界坊でしたが、お組の父永楽屋権左衛門(彌十郎)と松若の許婚の野分姫(七之助)らも巻き込み、さらに数々の悪行を行うのでした。

最後に今作の大きな見どころのひとつ大切所作事「双面水照月(ふたおもてみずにてるつき)」では、法界坊と野分姫の霊が合体したお組そっくりな葱(しのぶ)売りの女(勘三郎)が、徐々に本性を現しながら変化に富んだ舞踊劇を魅せます。

笑いたっぷりのユーモラスな掛け合いから、歌舞伎の様式美まで、歌舞伎の世界を存分にお楽しみください。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2010/01/19 21:29 by 華崎

[最終更新] 2013/01/24 16:29 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大