演劇

アステールプラザ芸術劇場シリーズ【リージョナルセレクション】

P.G.―ペール・ギュント―

デザイン:SHINTARYO TAWATA

0 お気に入りチラシにする

演劇

アステールプラザ芸術劇場シリーズ【リージョナルセレクション】

P.G.―ペール・ギュント―

「戯れの会」

JMSアステールプラザ 多目的スタジオ(広島県)

2010/03/06 (土) ~ 2010/03/07 (日) 公演終了

上演時間:

「戯曲を読み解く」姿勢を大切に、東京を中心に活動する演劇製作体ドラマ・リーディング・プロジェクトは、演劇公演、リーディングセッション、音楽劇と意欲的な舞台表現を模索し続けています。
音楽劇『ペール・ギュント』は、2007年ミューザ川崎シンフォニーホール、2008年浦安市中央公民館で上演され...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/03/06 (土) ~ 2010/03/07 (日)
劇場 JMSアステールプラザ 多目的スタジオ
出演 服部訓広、野中翔太、松山立、板橋恭史、赤地佳怜、伊佐美由紀、大町沙矢香、内藤千紗
脚本 ヘンリック・イプセン
演出 多和田真太良
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 2,500円
【発売日】2009/12/20
全自由席 2000円 当日 2500円
※ジュニア割引(中高生対象)1500円
※シニア割引(65歳以上)1500円

※ご購入時、また入場時、身分証の提示をお願いいたします
サイト

http://drp.sensyuuraku.com/simpleVC_20090411020041.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「戯曲を読み解く」姿勢を大切に、東京を中心に活動する演劇製作体ドラマ・リーディング・プロジェクトは、演劇公演、リーディングセッション、音楽劇と意欲的な舞台表現を模索し続けています。
音楽劇『ペール・ギュント』は、2007年ミューザ川崎シンフォニーホール、2008年浦安市中央公民館で上演され、グリーグの音楽とイプセンの戯曲のエキスを凝縮した誰もが楽しめる音楽劇として好評を博しました。 
2010年の春、大きく姿を変えて、いよいよ広島に、誰もが知っている『ペール・ギュント』を彩る「あの音楽」とともに、壮大な物語を取り戻し、登場します!



ノルウェーの片田舎に住む青年ペールは老いた母オーセと暮らしている。母は空想家な息子が心配だ。「いつか王様になる、皇帝になる!」
欲望のままにペールの旅は始まる。恋をして愛を知り、魔物に遭遇して歓待され、やがて母の死に接する。

世界を周り、成功したペールを待っていたのは・・・?
その他注意事項 2010年2月27日(土)・28日(日)東京・座・高円寺2にて同公演あり
スタッフ 音楽:エドヴァルト・グリーグ
台本:多和田真太良
振付:宮崎優里
照明:脇田亮
舞台監督:板橋恭史

演奏:D.R.P.チェンバーオーケストラ
Pf:松崎千登世 ほか

[情報提供] 2010/01/15 02:17 by Shintaryo

[最終更新] 2010/01/15 02:28 by Shintaryo

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大