Co.うつくしい雪

駒場小空間(東京大学多目的ホール)(東京都)

2010/01/22 (金) ~ 2010/01/23 (土) 公演終了

上演時間:

語られ得ない相互作用実験 パフォーマンス
未知への憧れ?返答への予知?それとも誤った期待?

彼女が行為する姿が外部に形として伝わり、そこからこぼれ落ちたかけらをキャッチした彼の中に新たな感触が呼び覚まされる。
そして、彼の新しい行為=形となって外に出て行く。
この語られるもの=形と...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/01/22 (金) ~ 2010/01/23 (土)
劇場 駒場小空間(東京大学多目的ホール)
出演 雨下恵子(会社員)、伊東沙保(俳優)、エイキミア(俳優)、JOU(Dance)、トチアキタイヨウ(Dance)、横山央(俳優)、渡辺タケシ、李明喜(Design)
脚本
演出 河村美雪
料金(1枚あたり)
【発売日】
任意の金額(終演後)/ 要予約、人数制限あり。
サイト

http://utsukushiyuki.com/サイト/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 語られ得ない相互作用実験 パフォーマンス
未知への憧れ?返答への予知?それとも誤った期待?

彼女が行為する姿が外部に形として伝わり、そこからこぼれ落ちたかけらをキャッチした彼の中に新たな感触が呼び覚まされる。
そして、彼の新しい行為=形となって外に出て行く。
この語られるもの=形と、語られえないもの=テクスチャーの相互作用は、世界が隠しているシステムの一つであり、ヒトの心のしくみである。

自分の行為から気づかぬうちにこぼれ落ちるDropping - by (落としもの力)が世界を動かす。そうして、私が決して記憶できない私全体を、Dropping - byは 密やかに記憶していくだろう。

インタビュー・ショウなど言葉を大きな要素として扱ってきたCo.うつくしい雪の2010年新作は、言葉以前の無意識からはじまる語りかけえをテーマにした実験パフォーマンス。


出演者
俳優、ダンサー、デザイナー、会社員、大学生。
ソロの世界へと没入しながらも、同時に不確かな相手との対話を紡いでゆく出演者には、チェルフィッチュや文(かきことば / 岸井大輔)で活躍する伊東沙保、のびやかな手足で世界を移動するJOU、前作に引き続きうつくしい雪に参加のエイキミア、そして、後期デザイン宣言したmattキャプテンの李明喜がフィクサーとして登場。
多彩な顔ぶれの二夜限定相互作用をお楽しみに。

映像・音響
複雑系科学者の池上高志(東京大学)による映像システムを使った時間の自己組織化、サウンドアーティスト evala (port, ATAK)による振動採取装置と特殊音響プログラム。
両氏の協力を得て、公演内における記憶のテクスチャーを立ち上げる。



------------
その他注意事項
スタッフ Visual system : 池上高志(東京大学 / 複雑系科学)提供
       
Programming assistant : 石橋素 (Artist, programmer)
大海悠太(東京大学特任研究員
Visual adviser : 新津保建秀 (Photographer)

Sound design : evala (port, ATAK)、中島佳秀 (Studio LOUP)

Stage manager : 北川大輔 (カムヰヤッセン)

Director : 河村美雪 (Artist)

Produced by : Utsukushiyuki.co
Organized by : 東京大学大学院総合文化研究科広域科学 池上研究室

[情報提供] 2010/01/07 23:32 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/01/19 23:09 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大