舞踊・バレエ

Noism07

PLAY 2 PLAY

- 干渉する次元

Noism

りゅーとぴあ劇場(新潟市民芸術文化会館)(新潟県)

他劇場あり:

2007/04/20 (金) ~ 2007/04/22 (日) 公演終了

上演時間:

前世紀ダンス界ではダンス・シアターというスタイルが生まれ、今ではそのスタイルさえ内包した、コンテンポラリーダンスと言う名称で、様々なダンスの在り方が曖昧なイメージの元にくくられている。そしてその曖昧な線引きは、現代と言う垣根の無い情報流通時代を象徴するように“何でもあり”という更に曖昧な境地へ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/04/20 (金) ~ 2007/04/22 (日)
劇場 りゅーとぴあ劇場(新潟市民芸術文化会館)
出演 青木尚哉、石川勇太、井関佐和子、佐藤菜美、高原伸子、中野綾子、平原慎太郎、宮河愛一郎、山田勇気
演出 金森穣
振付 金森穣
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 5,000円
【発売日】2007/02/25
指定席5,000円(学生2,500円)
自由席(舞台上の客席)5,000円(学生2,500円)
*未就学児入場不可。(託児室有り)
サイト

http://www.ryutopia.or.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 前世紀ダンス界ではダンス・シアターというスタイルが生まれ、今ではそのスタイルさえ内包した、コンテンポラリーダンスと言う名称で、様々なダンスの在り方が曖昧なイメージの元にくくられている。そしてその曖昧な線引きは、現代と言う垣根の無い情報流通時代を象徴するように“何でもあり”という更に曖昧な境地へと溶け込んで行く。そしてその“何でもあり”という曖昧な線引きこそ、行動の多様化に紛れて、質の多様化を生み出し、ここ日本における玄人と素人の曖昧な線引きを更に強調し、舞台芸術の質の低下に多大な影響を与えている。では行動(作品)が多様化する中、如何に質を保ち続ける事が出来るだろうか。その事を模索するために我々が行うべき事は、もう一度自らの専門分野に立ち返り、そのある制約という垣根の中の可能性を追求ー認識し、同時に他分野の専門家(玄人)との本質的コラボレーション(共同作業)を行うことではないだろうか。ここで言う本質的共同作業とは単なる役割分担ではなく、一つの課題、アイデア、コンセプトに対して、各分野からの意見を出し合い、ぶつけあう事によってしか生まれる事の無い作品を造りあげる作業である。舞台芸術に於ける創造性にとって最も重要な事、あるいは舞台芸術の本質は専門家同士の交流にある。何かを専門家に追求するもの同士が、その追及の過程で養った掛け替えのないものを、容易に分け与えるでもなく、閉ざし守ろうとするでもなく、与える事により得、得た事を与えるという連鎖の中に於いて、時代を共存しようとする事こそが真のコラボレーションである。
その他注意事項 4月1日(日) 金森穣×三原康裕
Noism07新作の初演を目前に控え、衣裳を手掛けるファッションデザイナー三原康裕氏が新潟入り! 金森穣と共に今回の衣裳や、お互いのモノづくりについて語ります。
時間:17:00~18:00
会場:劇場
入場無料・出入り自由
スタッフ 構成・演出・振付/金森穣
振付/Noism07
空間/田根剛
音楽/トン・タッ・アン
衣裳/三原康裕
製作/りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館

[情報提供] 2007/03/08 22:46 by こりっち管理人

[最終更新] 2007/06/14 09:07 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大