演劇

劇団民藝

俳優座劇場(東京都)

2010/01/22 (金) ~ 2010/02/09 (火) 公演終了

休演日:2/1

上演時間:

ナチス占領下のポーランド、田舎町の小学校でおきた或る出来事とは…。死を覚悟して演じた『マクベス』のモノローグ。老人は、なぜ命を賭けてまで「俳優」であることを証明しようとしたのか?その極限状況のなかで、老人は崇高な魂の“巨匠”だった。
『夕鶴』『子午線の祀り』をへて、劇作家・木下順二が、〈芸術...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/01/22 (金) ~ 2010/02/09 (火)
劇場 俳優座劇場
出演 大滝秀治、水谷貞雄、千葉茂則、塩屋洋子、梅野泰靖、みやざこ夏穂、内藤安彦、鈴木智、安田正利、ほか
脚本 木下順二
演出 内山鶉
料金(1枚あたり) 3,150円 ~ 6,300円
【発売日】2009/12/01
一般 6,300円
学生割引3,150円
ナイトチケット4,000円(夜公演・後部席限定)

サイト

http://www.gekidanmingei.co.jp/2010kyosyo.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ナチス占領下のポーランド、田舎町の小学校でおきた或る出来事とは…。死を覚悟して演じた『マクベス』のモノローグ。老人は、なぜ命を賭けてまで「俳優」であることを証明しようとしたのか?その極限状況のなかで、老人は崇高な魂の“巨匠”だった。
『夕鶴』『子午線の祀り』をへて、劇作家・木下順二が、〈芸術家の運命〉について劇団民藝に書き下ろした衝撃の現代劇。1991年滝沢修主演で初演。1997年大滝秀治の巨匠役で上演し、絶賛のなかで再び2004年に東京および各地公演が実現。このたびは民藝創立60周年にあたって、新たに「第四次公演」の幕があける…。
その他注意事項
スタッフ 美術・・・・・・・・・・・・・勝野英雄
照明・・・・・・・・・・・・・沢田祐二
衣裳・・・・・・・・・・・・・緒方規矩子
効果・・・・・・・・・・・・・岩田直行
舞台監督・・・・・・・・・兒玉庸策


[情報提供] 2009/12/08 10:20 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/02/08 13:01 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大