演劇

第12回公演 スロウライフとことこ vol.2

喉骨のフルート

デザイン:大庭佑子

0 お気に入りチラシにする

演劇

第12回公演 スロウライフとことこ vol.2

喉骨のフルート

ニットキャップシアター

アトリエ劇研(京都府)

2003/04/18 (金) ~ 2003/04/23 (水) 公演終了

上演時間:

「何かをあきらめることで、人は幸せになれるのではないか」との仮説にもとづいた連続公演、「スロウライフとことこシリーズ」の第2弾。
彼女にふられた青年が劇団に入団し、濃いキャラクターの劇団員たちに翻弄されていく中で、劇団をやめて彼女とやり直すことを決意するまでを描いた「劇団シチュエーションコメ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2003/04/18 (金) ~ 2003/04/23 (水)
劇場 アトリエ劇研
出演 大木湖南、板橋薔薇之介、坂口修一、松岡純子、安田一平、朝倉詩、西恵、ハカイダー、根本航佑、よこえとも子、田中真一、真野絵里
脚本 ごまのはえ
演出 ごまのはえ
料金(1枚あたり)
【発売日】
サイト

http://knitcap.jp

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「何かをあきらめることで、人は幸せになれるのではないか」との仮説にもとづいた連続公演、「スロウライフとことこシリーズ」の第2弾。
彼女にふられた青年が劇団に入団し、濃いキャラクターの劇団員たちに翻弄されていく中で、劇団をやめて彼女とやり直すことを決意するまでを描いた「劇団シチュエーションコメディ」。
実際の劇団員達の個性が存分に発揮された、ニットキャップ流ラブコメディの真骨頂。
 
--------------------
(公演チラシより)
 
 健全とは何かを模索するお芝居になればと思う。
 例えば中学・高校の頃に誰もが感じていたであろう不安や、今となっては思い出すこともできない悩み、焦り、それらに強くこだわってしまい、大人になってもいまだに悩み続けている男の物語を通じて、健全とは何かを模索したい。
 男の名前は「どん亀くん」。彼の姿は滑稽で痛々しくもあるが決して無視できないものにしたい。
 
ごまのはえ
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2007/03/08 09:46 by Shun.

[最終更新] 2007/03/08 09:49 by Shun.

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

Shun.

Shun.(10)

役者・俳優 演奏(カホン) 制作 宣伝美術 Webサイト

制作担当でした。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大