演劇

第13回公演 スロウライフとことこ vol.3

ART COMPLEX1928 共催公演

愛のテール

デザイン:大庭佑子

0 お気に入りチラシにする

演劇

第13回公演 スロウライフとことこ vol.3

愛のテール

ART COMPLEX1928 共催公演

ニットキャップシアター

ART COMPLEX 1928(京都府)

2003/07/12 (土) ~ 2003/07/17 (木) 公演終了

上演時間:

「何かをあきらめることで、人は幸せになれるのではないか」との仮説にもとづいた連続公演、「スロウライフとことこシリーズ」の第3弾。
 
顔に傷を負った女が、若いころの母親の姿を妄想していく末に、元気を取り戻すまでを描いた。
安定感のある写実シーンとハチャメチャな幻想シーンが大胆にミックスさ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2003/07/12 (土) ~ 2003/07/17 (木)
劇場 ART COMPLEX 1928
出演 大木湖南、板橋薔薇之介、ごまのはえ、松岡純子、西恵、朝倉詩、安田一平、門脇俊輔、ハカイダー、根本航佑、よこえとも子、田中真一、日詰千栄、山口茜(トリコA)、奥田ワレタ、国本浩康(電視游戲科学舘)、二口大学、首藤慎二、野村泰仁、石井拓也、永田典嗣、石田陽介
脚本 ごまのはえ
演出 ごまのはえ
料金(1枚あたり)
【発売日】
サイト

http://knitcap.jp

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「何かをあきらめることで、人は幸せになれるのではないか」との仮説にもとづいた連続公演、「スロウライフとことこシリーズ」の第3弾。
 
顔に傷を負った女が、若いころの母親の姿を妄想していく末に、元気を取り戻すまでを描いた。
安定感のある写実シーンとハチャメチャな幻想シーンが大胆にミックスされた、That's ごまのはえワールドと呼ぶにふさわしい作品。
 
第11回OMS戯曲賞大賞受賞作品。

--------------------
(公演チラシより)
 
炊事センタクには発狂を予防する効果があると僕は思っています。
はっきりした動機と目的があってちゃんと段取りを考えてしっかりと成果がある。こんな嬉しいことはないと思うんですけど、どうでしょう。
この芝居の主人公は掃除ができない女の子です。彼女はあることをきっかけにポンっと世の中から切り離されてしまいます。
彼女は汚い部屋に一人とじこもります。そして突き進む発狂への道。でもハッピーエンドなんですねこの芝居。
どうハッピーエンドなのか、それは見てのお楽しみです。
 
作・演出 ごまのはえ
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2007/03/08 09:37 by Shun.

[最終更新] 2011/10/14 00:57 by Shun.

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

Shun.

Shun.(10)

役者・俳優 演奏(カホン) 制作 宣伝美術 Webサイト

役者&制作です。 褌で踊りました。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大