演劇

village80%第9回公演

「覗」

village80%

テアトルはこざき(福岡県)

2009/12/19 (土) ~ 2009/12/20 (日) 公演終了

上演時間:

village80% 3年半ぶりのオムニバス。
四人の作家に課せられたテーマは、『覗』・・。

「姉指」 作/織田慎太郎 演出/渡部光泰
「0120-187-***」 作・演出/渡部光泰
「存在の耐えられない緩さ」 作・演出/高山力造
「ウエシタミギヒダリウム」 作/岡田力 演出/...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/12/19 (土) ~ 2009/12/20 (日)
劇場 テアトルはこざき
出演 高野桂子、大木このみ、渡口陽子、古賀菜々絵、高山力造、渡部光泰
脚本 織田慎太郎、高山力造、渡部光泰、岡田力
演出 高山力造、渡部光泰
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 1,500円
【発売日】2009/12/01
サイト

http://mura8.net/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 village80% 3年半ぶりのオムニバス。
四人の作家に課せられたテーマは、『覗』・・。

「姉指」 作/織田慎太郎 演出/渡部光泰
「0120-187-***」 作・演出/渡部光泰
「存在の耐えられない緩さ」 作・演出/高山力造
「ウエシタミギヒダリウム」 作/岡田力 演出/高山力造

-------------------------------------------------

小さな小さな覗き穴、覗いてはじめて見えるもの。
四角い四角い狭い小部屋で、油断と本音がこぼれでる。
密室の中で息をするのは、昨日の彼女か明日の彼か。
目を凝らして、声を潜めて、腰を屈めて覗いてみれば、
彼女と彼の、今日がある。壁の向こうに今がある。
その他注意事項 四本の短編はすべて、壁に囲まれた『密室舞台』で上演されます。
本公演では、ご来場下さったお客様に、『覗き穴』を通じて、
そこから舞台をそーっと、『覗き見』て頂きます。
限られた視野から見えるのは、何も知らない生の男女のありのまま。
舞台構造・演出の関係上、各回定員20名様となっておりますので、チケットのご予約はお早めに。(当日ご来場の方は、座席をご用意できない可能性もございます)

体勢に不安のある方は、事前にご連絡ください。
スタッフ

[情報提供] 2009/11/28 12:22 by

[最終更新] 2009/12/22 21:36 by

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

RIKIZO

RIKIZO(19)

短編2本演出します。 どうぞ覗いてください。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大