歌舞伎・伝統芸能

新作能 

花供養(はなくよう)

-- 白洲正子の能 --

水戸芸術館ACM劇場

水戸芸術館ACM劇場(茨城県)

2009/12/22 (火) ~ 2009/12/22 (火) 公演終了

上演時間:

-- あの世との、あわいに咲ける白椿、驕慢の昔の色失せず、月を映して、輝く面 --

能を愛し、日本文化の精髄を書き続けた白洲正子。
新作能「花供養」は、世界的免疫学者であり詩人・能作者の多田富雄が、晩年交流の深かった白洲正子を偲び、追悼の思いを込めて描いた作品です。

祖父・父と二...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/12/22 (火) ~ 2009/12/22 (火)
劇場 水戸芸術館ACM劇場
出演 梅若玄祥、宝生欣哉、真野響子
脚本 多田富雄
演出 笠井賢一
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 4,000円
【発売日】2009/11/01
S席4,000円、A席3,000円、B席2,000円
サイト

http://www.arttowermito.or.jp/play/modules/tinyd0/index.php?id=27

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 -- あの世との、あわいに咲ける白椿、驕慢の昔の色失せず、月を映して、輝く面 --

能を愛し、日本文化の精髄を書き続けた白洲正子。
新作能「花供養」は、世界的免疫学者であり詩人・能作者の多田富雄が、晩年交流の深かった白洲正子を偲び、追悼の思いを込めて描いた作品です。

祖父・父と二代にわたって白洲正子の能の師という深い縁を持ち、幼少から白洲に可愛がられたという梅若玄祥が節付・作舞・シテを務めます。

-- 心の奥の隠れ里、心の奥の隠れ里、花の行方を尋ねん。

- あらすじ -
旅の男が夕暮れの鶴川の里で、路傍に咲く椿の花を手折る。
花供養に参るという尼に咎められるが、花の実をめぐって小林秀雄、世阿弥などを引いて美学論議となる。
名を問われて椿の精とも、世阿弥の妻・壽椿尼とも、白洲正子とも取れる答えを残して、椿の藪の中に消え失せる。

- 中入 -
やがて藪の中から声がして、老女姿の後シテが現れる。
白洲正子の愛した椿の数々を挙げて、花の美を説き、自然のめぐりに、老いて死ぬ運命を花の命に託し、静かな、しかし艶のある序の舞を舞う。そして、昔の友や現世を限りなく懐かしんで終わる。
その他注意事項
スタッフ 前シテ 尼/後シテ 白洲正子の霊
梅若 玄祥(六郎改め)

ワキ・旅の男
宝生 欣哉

語り 正子を知るもの
真野 響子
*特別出演

笛 松田 弘之
小鼓 大倉 源次郎
大鼓 亀井 広忠
太鼓 助川 治

地謡
梅若 晋矢、柴田 稔、角当 直隆
馬野 正基、長山 桂三、谷本 健吾
松山 隆之、川口 晃平

後見
清水 寛二
山中迓晶

[情報提供] 2009/11/24 11:24 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/11/24 11:25 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大