演劇

陽光と闇は旋律を奏で、群衆はオレンジ色の悲劇をふたたび唱い出す

演劇

血の婚礼

陽光と闇は旋律を奏で、群衆はオレンジ色の悲劇をふたたび唱い出す

ウンプテンプ・カンパニー

シアターX(カイ)(東京都)

2010/01/22 (金) ~ 2010/01/25 (月) 公演終了

上演時間:

婚礼の日、花嫁がかつての恋人と逃げ出した。
花嫁を連れ去った男は花婿の父親と兄を殺した一族の人間だった。
やがて逃げ道もなく、後戻りもできない二人の先には、運命の死が待ち受ける。
「それはどこにでもある、逃れられない悲劇なのかもしれない。」
あらゆるものが浮かんでは消えていく。
生と...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/01/22 (金) ~ 2010/01/25 (月)
劇場 シアターX(カイ)
出演 木村準、吉沢惠(ダンサー)、宮崎敏行、手塚謹弥、蜂谷眞未、地曳宏之、谷修、薬師寺尚子、成田明加、西郷まどか、森勢ちひろ 、姫宮みちり、新井純、坂元貞美、石井ひとみ
脚本 フェデリコ・ガルシーア・ロルカ
演出 長谷トオル
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 4,300円
【発売日】2009/10/23
学割3000円
前売り4000円
当日4300円
サイト

http://umptemp.web.fc2.com/top.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 婚礼の日、花嫁がかつての恋人と逃げ出した。
花嫁を連れ去った男は花婿の父親と兄を殺した一族の人間だった。
やがて逃げ道もなく、後戻りもできない二人の先には、運命の死が待ち受ける。
「それはどこにでもある、逃れられない悲劇なのかもしれない。」
あらゆるものが浮かんでは消えていく。
生と死、光と影、愛憎、執着と孤独、月と太陽、熟れた果実と堅い果実…
スペインはアンダルシアに生きる人々の、息も詰まりそうなオレンジの香りの中で繰り広げられた、決して止められない血の悲劇を、大胆に描きだす。


【口上】
二十世紀スペイン最大の詩人・ガルシーア・ロルカが描き出した悲劇に演出家・長谷トオルが今と結びつけ、音楽家・神田晋一郎が新たな視点から曲をつける。

不連続な旋律に誘われて、演じ始め、そして一斉に群衆が唄い出す。累々と大地に流される切ない「血の物語」を…。

口火を切って語りだすは、終わった闘いを今なお闘いつづける母親を演じる女優の新井 純。
彼女は、アンダーグラウンド演劇のヒロイン役を担いつづけてきた。
今、彼女たちは変わりゆく時代に挑み、若い役者たちと、立場や序列の垣根を乗り越え、ただ深く静かに物語を紡ぎだす。
その他注意事項
スタッフ 台本:長谷トオル  台本協力:加蘭京子
振り付け:伊藤 多恵  舞台美術:蟹江 杏
照明:島田 雄峰(LST)  音響:長山 雄作 
演出助手:中村 昌利  舞台装置:ヨマワリ設計
衣装:竹本 さよ子&佐々木 麻衣&吉田 奈央  
宣伝美術:長谷 トオル  パンフレット編集:加蘭 京子
チラシ写真:今井 宏美  舞台監督助手:下谷 高之  
舞台監督:高居長広
制作:「血の婚礼」制作委員会+吉田 千尋 
広報担当:吉野 翼  
企画:ウンプテンプ・カンパニー

[情報提供] 2009/10/24 02:26 by kyoko karan

[最終更新] 2010/02/12 03:28 by kyoko karan

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

ちひろ

ちひろ(1)

制作 当日運営

制作で関わらせて頂きます!

kyoko karan

kyoko karan(17)

がんばります。 いい作品にしたいです。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大