演劇

第19回公演

12人の怒れる学校へ行こう!

恋愛 部活 いじめ バカ 青春 陪審員!

劇団神馬

タイニイアリス(東京都)

2006/07/07 (金) ~ 2006/07/10 (月) 公演終了

上演時間:

とある高校の鶏小屋で、鶏が殺されるという事件があった。
自治委員会は一人の生徒「3年D組:田中太一」を犯人として拘束。
数日後、学内裁判所にて、その生徒の審理が行われた。
評決を下すのは生徒の中から無作為に選ばれた12人の陪審員。
受験からくるストレスでむしゃくしゃしてやったのだろう、...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2006/07/07 (金) ~ 2006/07/10 (月)
劇場 タイニイアリス
出演 五十嵐真理、印宮伸二、上野憲明、大野裕子、荻山恭規、関谷誠、眞賀里知乃(大人の麦茶)、都筑大輔(客演)、川守田政人(東京ギヤマン堂)
脚本 上野憲明
演出 上野憲明
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 4,000円
【発売日】
ペア前売り¥4000-
一般前売り¥2300- 当日¥2500-
18歳以下前売り¥2000- 当日¥2200-
サイト

http://homepage1.nifty.com/shimba/19/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 とある高校の鶏小屋で、鶏が殺されるという事件があった。
自治委員会は一人の生徒「3年D組:田中太一」を犯人として拘束。
数日後、学内裁判所にて、その生徒の審理が行われた。
評決を下すのは生徒の中から無作為に選ばれた12人の陪審員。
受験からくるストレスでむしゃくしゃしてやったのだろう、という意見が大勢をしめるなか、
1人の陪審員が、田中君の無罪を訴える。
 「田中君は鶏を殺してはいません」

話し合いの中で明らかになる真理。
浮かび上がる学園、部活内の根深い問題の数々。
学園を舞台に、スポコンあり、コスプレあり、恋あり、教育問題あり、陪審員あり
その中で「生きるとは何か」を問いかける“熱血青春バカ・グラフィティ”
田中君は本当に鶏を殺したのか!?
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2009/10/22 09:29 by 劇団神馬制作

[最終更新] 2009/10/22 09:32 by 劇団神馬制作

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大