演劇

ぞめきの消えた夏

グアム玉砕戦乱舞闘

アトリエッジ

全労済ホール/スペース・ゼロ(東京都)

2009/11/26 (木) ~ 2009/11/29 (日) 公演終了

上演時間:

グアム島へ旅行に行った徳島阿波踊り連「舞蝶連」の尚樹(颯太)と克巳(加藤良輔)は、ジャングルで黒い蝶に導かれ、不思議な阿波踊りのぞめき(お囃子)を聞く。
そして、旅の途中で知り合った佐伯真魚(三宅右矩)という青年との語らいをきっかけに、舞蝶連連長・関本竜二(ARCHE)が、戦時中に親友の浩輔...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/11/26 (木) ~ 2009/11/29 (日)
劇場 全労済ホール/スペース・ゼロ
出演 蓉崇、加藤良輔、小川麻琴、颯太、東武志、松野太紀、ARCHE、井上純一
脚本 草部文子
演出 伊勢直弘
料金(1枚あたり) 6,000円 ~ 6,300円
【発売日】2009/10/16
全席指定 前売6000円 当日6300円
サイト

http://www.djdj.co.jp/at/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 グアム島へ旅行に行った徳島阿波踊り連「舞蝶連」の尚樹(颯太)と克巳(加藤良輔)は、ジャングルで黒い蝶に導かれ、不思議な阿波踊りのぞめき(お囃子)を聞く。
そして、旅の途中で知り合った佐伯真魚(三宅右矩)という青年との語らいをきっかけに、舞蝶連連長・関本竜二(ARCHE)が、戦時中に親友の浩輔(東武志)と共に、兵隊としてグアムにいたことを知るのだった。
第二次世界大戦中、グアム島で玉砕した若き兵士たちの思いを「ぞめき」に乗せて綴る平和祈念演劇「ぞめきの消えた夏」。
阿波踊りと演劇のコラボレーションで、時を越えた友情が感動を伝えるファンタジー作品。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2009/10/15 14:50 by ますこ

[最終更新] 2009/10/15 15:02 by ますこ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

吉水恭子(芝居屋風雷紡)

吉水恭子(芝居屋風雷紡)(2)

役者・俳優 脚本 演出 演出助手 制作 当日運営

皆様のご来場お待ちしています。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大