演劇

寺山修司作品

花札伝綺

快楽のまばたき

タイニイアリス(東京都)

2009/12/09 (水) ~ 2009/12/13 (日) 公演終了

上演時間:

これは死の家の伝説です。
ときは大正時代、日本海軍が支那海でドイツの武器商船を撃滅しようとねらっていた頃、東京のとある下町に小さな葬儀屋がありました。そこでは葬式一切を扱うだけではなく、主人の団十郎が冥土のことに詳しく、どんな人でも安く地獄への旅行案内をしてくれるというのです。
その葬儀屋...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/12/09 (水) ~ 2009/12/13 (日)
劇場 タイニイアリス
出演 常川博行、丸岡達志、くら、金城健人、成田佳奈子、二面由希(動物電気)、郡司英雄、安野由記子、阿川雄輔、杉本舞幸、朱沸マセリ
脚本 寺山修司
演出 高田百合絵
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,000円
【発売日】2009/10/15
前売2800円
当日3000円
喪服割引2500円
サイト

http://mabataki09.net/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 これは死の家の伝説です。
ときは大正時代、日本海軍が支那海でドイツの武器商船を撃滅しようとねらっていた頃、東京のとある下町に小さな葬儀屋がありました。そこでは葬式一切を扱うだけではなく、主人の団十郎が冥土のことに詳しく、どんな人でも安く地獄への旅行案内をしてくれるというのです。
その葬儀屋の主人団十郎はとっくに死んでいて、その妻も猫も金魚もみんな死んでいて、人は「死の家」と呼んでいましたが、たった一人、娘の歌留多だけはまだ死んでいないという噂でした。
主人の団十郎は、ちかぢか歌留多をも、地獄祭りに連れていってやろうと思っていたのですが、わるいことに歌留多はまだ生きてる人間に恋してしまいました。
生きてるにんげん、
その名は墓場の鬼太郎、犯罪河岸では、名のある泥棒で評判の美男子でしたが、神出鬼没で誰もその正体を知らないのでした

見たか?
今のが墓場の鬼太郎だ!

その他注意事項 前売2800円 当日3000円
喪服割2500円
(喪服を着用の上ご観劇されるお客様は喪服割となります。チケットお申し込みの際、喪服でご来場の旨をお伝えください。事前に「喪服でご来場の連絡」がない場合、割引できないことがあります)
※喪服とは…黒色、薄墨色の服。洋装の場合、真珠のアクセサリーを1連のみ付けることができる。2連以上のものは「悲しみが繰り返す」といわれ忌避される。鞄は布製が良いとされる。皮製品は殺生を連想される理由から、色が黒であっても身に付けない方が好ましい。

☆チケット予約・お問い合わせ
E-mail le-petit-prince09@live.jp
H.P  http://mabataki09.net/

チケット予約は
①お名前②日時③枚数④ご連絡先を上記E-mailアドレスに送信してください。予約完了次第、ご清算方法を返信いたします。

スタッフ 美術総合:鳴沢ナイ(猫ノ手) 
舞台監督・森山香緒梨 
照明プラン:芝原弘
照明操作:丸山朋子 
音響:吾犀尚子(猫ノ手)

協力:九條今日子 
   タイニイアリス 
   動物電気

[情報提供] 2009/10/14 14:48 by 高田

[最終更新] 2009/12/13 09:57 by 吉水恭子(芝居屋風雷紡)

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー3

ガン

ガン(0)

ガン

高田

高田(0)

ちゃんとギャンブルしてます… ある意味いのちがけです...

吉水恭子(芝居屋風雷紡)

吉水恭子(芝居屋風雷紡)(2)

役者・俳優 脚本 演出 演出助手 制作 当日運営

一歩劇場に踏み込んだ時から始まる寺山ワールド、心から...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大