演劇

ナントカ世代⑧

ろ・こ・こ

ナントカ世代

アトリエ劇研(京都府)

2009/12/18 (金) ~ 2009/12/20 (日) 公演終了

上演時間:

ナントカ世代の原作モノ/近代文学シリーズとして、恐れ多くも夏目漱石を取り上げます。

[イントロダクション]
来た道と行く道のある死に地で女主人の憂鬱は続く。

全身を鎧で固めた勇者は魔王を倒す旅に出るという。
とは言えいつまで経っても旅立たないし、そもそも魔王を存じ上げない。
...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/12/18 (金) ~ 2009/12/20 (日)
劇場 アトリエ劇研
出演 浦島史生、延命聡子、竹内涼、葛井よう子、根本コースケ
脚本 北島淳(原作/夏目漱石「こゝろ」)
演出 北島淳
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 2,500円
【発売日】2009/11/01
一般前売1,500円、一般ペア前売2,500円、一般当日2,000円、学生前売1,000円、学生当日1,500円
サイト

http://sedai.main.jp

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ナントカ世代の原作モノ/近代文学シリーズとして、恐れ多くも夏目漱石を取り上げます。

[イントロダクション]
来た道と行く道のある死に地で女主人の憂鬱は続く。

全身を鎧で固めた勇者は魔王を倒す旅に出るという。
とは言えいつまで経っても旅立たないし、そもそも魔王を存じ上げない。

警官は今日も目を皿にして放火魔を追う。
何しろ女主人はその皿の目の男が気にくわない。
そんなことすら気にならないのが彼の商売だ。

一方、男は弱り果てていた。
ほうほう逃げ込んだ先から暴き立てられる男の贖罪を、誰も聞くものがいないのだから-。

その日、火の無いところに煙が立った。
「あの窪み」には少女がいる。
その他注意事項
スタッフ 【舞台監督】釈迦谷智
【美術】丸山ともき
【照明】真田貴吉
【音響】北島淳
【メイク】たかつかな
【こけし】小泉梅子
【落書き】村井春也。

[情報提供] 2009/10/02 07:03 by Jun Kitajima

[最終更新] 2009/12/20 23:12 by Jun Kitajima

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

Jun Kitajima

Jun Kitajima(0)

がんばります。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大