演劇

別役実祭り

場所と思い出

兵庫県立ピッコロ劇団

ピッコロシアター (兵庫県)

他劇場あり:

2007/06/13 (水) ~ 2007/06/19 (火) 公演終了

上演時間:

モスクワ・チェーホフ国際演劇祭参加

おもろうて、やがて恐ろしき、別役喜劇―――。
ピッコロ劇団が、劇団代表:別役実の70年代の名作をもって、東京・兵庫・モスクワを駆け巡る。
“小市民”――この実体のない奇妙で謎に充ちた存在から、あなたは逃れられない。
それはまるで蟻地獄のように…。...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/06/13 (水) ~ 2007/06/19 (火)
劇場 ピッコロシアター
出演 安達朋子、木全晶子、和田友紀、孫高宏、福島栄一、森好文、松本修
脚本 別役実
演出 松本修
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,500円
【発売日】2007/04/15
一般3500円 中高生2000円(前売り・当日ともに)
サイト

http://hyogo-arts.or.jp/piccolo/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 モスクワ・チェーホフ国際演劇祭参加

おもろうて、やがて恐ろしき、別役喜劇―――。
ピッコロ劇団が、劇団代表:別役実の70年代の名作をもって、東京・兵庫・モスクワを駆け巡る。
“小市民”――この実体のない奇妙で謎に充ちた存在から、あなたは逃れられない。
それはまるで蟻地獄のように…。
食虫植物のように…。
そう、“あなたの好きな方へ歩いていけばいいんです。
もっとも、ここの連中の思い出から抜け出すわけにはいかないでしょうけどね…。”
とある街のバス停。バスを待つ一人の男が、やってきた街の人々の奇妙な言動に振り回されていく、可笑しくて面白くて恐ろしい不条理劇。
さぁ、とびきりのブラックユーモアをご堪能あれ。 
その他注意事項 平成19年にモスクワ公演あり。
【モスクワ】メイエルホリド・シアター・センター
日露文化フォーラムによる「モスクワ チェーホフ国際演劇祭」参加
平成19年7月9日(月)19時/10日(火)19時
スタッフ 美術=伊藤雅子
照明=大野道乃
音響=アラン・ヌーボー  
舞台監督=鈴木田竜二
演出助手=原 竹志  
制作=田房加代
制作助手=島守辰明
※森好文/松本修(ダブルキャスト)

[情報提供] 2007/03/01 16:58 by こりっち管理人

[最終更新] 2007/04/21 15:01 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

最新のトラックバック

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大