北九州芸術劇場

北九州芸術劇場 小劇場(福岡県)

2009/11/21 (土) ~ 2009/11/22 (日) 公演終了

上演時間:

花組芝居 加納幸和が純愛ゆえの悲恋、
「番町皿屋敷」を演出!!

演劇界の第一線で活躍する演出家を招き、国内外の魅力的な戯曲を独自のリーディングとして上演する北九州芸術劇場リーディングセッション。作品創りの特徴は、役者は脚本を手にしていることだけをルールにどんな演出もありえること、生演奏...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/11/21 (土) ~ 2009/11/22 (日)
劇場 北九州芸術劇場 小劇場
出演 江島研三、沖田みやこ(のこされ劇場≡)、金子浩一、古賀陽子(のこされ劇場≡)、椎木樹人(万能グローブガラパゴスダイナモス)、田中克美、谷村純一、豊田留都子(劇団音速バタフライ)、ヒガシユキコ、水本樹人、宮脇ばく、脇孝之、小林大介(花組芝居)
脚本 岡本綺堂
演出 加納幸和
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 1,500円
【発売日】2009/10/04
日時指定・全席自由 1,500円 (前売・当日共)
※未就学のお子様はご入場できません
サイト

http://www.kitakyushu-performingartscenter.or.jp/event/2009/1121read.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 花組芝居 加納幸和が純愛ゆえの悲恋、
「番町皿屋敷」を演出!!

演劇界の第一線で活躍する演出家を招き、国内外の魅力的な戯曲を独自のリーディングとして上演する北九州芸術劇場リーディングセッション。作品創りの特徴は、役者は脚本を手にしていることだけをルールにどんな演出もありえること、生演奏の音楽とのジョイントであること、本格的なスタッフワークが入ることなどです。
役者の稽古から本番までを1週間以内に限定して、作り手にもお客様にも演劇のエッセンスを味わっていただこうという人気企画。
第15弾の演出には“ネオかぶき”の演出スタイルで人気の加納幸和(花組芝居)を迎え、有名な「皿屋敷」の怪談噺を純愛ゆえの悲劇に翻案した、岡本綺堂作『番町皿屋敷』を上演します。
その他注意事項
スタッフ 作/岡本綺堂
演出/加納幸和

演奏(三味線)/
東音大宮悟(21日)  杵屋邦寿(22日)

出演/
江島研三、沖田みやこ(のこされ劇場≡)、金子浩一、古賀陽子(のこされ劇場≡)
椎木樹人(万能グローブ ガラパゴスダイナモス)、田中克美、谷村純一、豊田留都子(劇団音速バタフライ)
ヒガシユキコ、水本樹人、宮脇ばく、脇孝之
小林大介(花組芝居)

照明/岩田守 音響/漆原功 演出助手/市原幹也(のこされ劇場≡) 舞台監督/杉山力
宣伝美術/トミタユキコ(ecADHOC) 制作/黒崎あかね・音部美月
プロデューサー/能祖将夫

[情報提供] 2009/09/27 23:48 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/09/27 23:51 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大