演劇

PTP2009

逃げ水

プルーラル・シアター・プロジェクト (PTP)

舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」(静岡県)

他劇場あり:

2009/10/24 (土) ~ 2009/10/25 (日) 公演終了

上演時間:

盛夏。晴れの国と呼ばれる岡山は、呼び名の通りもう何日も晴れ続けていて、前にいつ雨が降ったのか誰も思い出せない。人工でせき止められ、決して循環しない淡水湖。そのすぐ近く、県道を一本隔てて山際の集落。小さな鉄工所と隣り合う家。盆休み。東京から長男が帰郷している。高校時代の駅伝部員を呼び集め、庭で毎...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/10/24 (土) ~ 2009/10/25 (日)
劇場 舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」
出演 赤木貢、岩本和馬、織田紘子、河合穂高、西園加
脚本 角ひろみ
演出 夏井孝裕
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 5,000円
【発売日】2009/09/13
料金:一般3,000円 同伴チケット(2枚)5,000円
大学生・専門学校生2,000円 高校生以下1,000円
サイト

http://ptpokayama.blog.shinobi.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 盛夏。晴れの国と呼ばれる岡山は、呼び名の通りもう何日も晴れ続けていて、前にいつ雨が降ったのか誰も思い出せない。人工でせき止められ、決して循環しない淡水湖。そのすぐ近く、県道を一本隔てて山際の集落。小さな鉄工所と隣り合う家。盆休み。東京から長男が帰郷している。高校時代の駅伝部員を呼び集め、庭で毎年恒例の焼肉会を開く気らしい。妹や弟の嫁はその会の開催を反対している。3ヶ月前の雨の夕方のこと。弟がひき逃げに遭ったのだ。弟は未だ意識不明であり、在宅介護となって和室の奥で眠る。犯人はつかまっていない。弟が生死の境にあるというのに、場違いな宴会を開くと言って聞き入れない兄。彼には彼の愛ゆえの、愚かな計画があったのだ…

「プルーラル・シアター・プロジェクト」〔略称・PTP=Plural Theater Project〕は、SPACと岡山に本拠をおくNPO法人アートファームが、2007年度から3ヵ年計画で実施してきた共同製作プロジェクト。2007年には『王女A』(作・演出:松田正隆)を静岡と岡山で、2008年には『草迷宮』(演出:角ひろみ、原作:泉鏡花)を岡山で上演、SPAC文芸部の大岡淳による演劇講座を開催してきた。3ヵ年計画の最終年にあたる今年はその集大成として、岡山を拠点に活躍する劇作家・演出家である角ひろみによる『逃げ水』を両都市で連続上演する。
その他注意事項
スタッフ 照明:黒木重行
音響:中山大樹
舞台美術:田谷麻美
舞台監督:山本サトシ
演出助手:伊東みさき
宣伝美術:工藤ヒロミ
宣伝写真:林田 悟
制作:古本径子 市 美穂
プロデューサー:大森誠一
企画制作:NPO法人アートファーム
     財団法人静岡県舞台芸術センター
協力:本行寺 reset-N 劇団SOFT GEAR 劇団無頼庵 演劇ユニット水蜜塔 (有)スペースアート シンプル社 Office310

[情報提供] 2009/09/14 16:01 by 夏井孝裕

[最終更新] 2009/10/19 19:31 by 夏井孝裕

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

夏井孝裕

夏井孝裕(104)

脚本 演出 美術 照明 音響

突き刺します。

このページのQRコードです。

拡大