演劇

日・ドナウ交流年 ルーマニア演劇招聘公演

ブランドラ劇場「解体 タイタス ローマの没落」

劇団1980

紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA(東京都)

2009/10/01 (木) ~ 2009/10/04 (日) 公演終了

上演時間:

解体せよ、そして思い出せ
死とは学ばなければならないものだ
それは再び蘇るために必要な修行である

1904年、スウェーデンの一郵局員の家から見つけ出されたシェイクスピアの「タイタス・アンドロニカス」は、内容の残忍性、残虐性がゆえに多くの演出家から敬遠されてきました。1987年初演の「...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/10/01 (木) ~ 2009/10/04 (日)
劇場 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
出演 アレスティアン・ダン、アムズレスク・ラドゥ、スクリプカル・コルネリウ、ポプ・ロメオ
脚本 ハイナー・ミュラー
演出 アレキサンドル・ダリエ
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 5,000円
【発売日】2009/08/10
料金(全席指定席)
前売4500円/当日5000円
シニア・学生2500円(前売・当日共)
サイト

http://www.geocities.jp/donkimania_hitomi/bura.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 解体せよ、そして思い出せ
死とは学ばなければならないものだ
それは再び蘇るために必要な修行である

1904年、スウェーデンの一郵局員の家から見つけ出されたシェイクスピアの「タイタス・アンドロニカス」は、内容の残忍性、残虐性がゆえに多くの演出家から敬遠されてきました。1987年初演の「解体 タイタス・ローマの没落」は、ハイナー・ミュラーが大胆に作品を切り込み介入したものです。副題が「シェイクスピア・コメンタール」とあるように、全編にシェイクスピアの読み手としてのミュラーが登場し、500年前に書かれたシェイクスピアの戯曲を解体し、国家と個人、愛と怨念が現代の物語として観客の心に強く訴えるのです。
その他注意事項
スタッフ 作=ハイナー・ミュラー
演出=アレキサンドル・ダリエ
衣裳=アレクセ・エウジェニア
照明=ベルベカル・ファネル
舞台監督=バネア・エミル

[情報提供] 2009/09/07 14:44 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/10/03 00:04 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大