演劇

青年劇場 第100回公演

結の風らぷそでぃ

秋田雨雀・土方与志記念 青年劇場

紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA(東京都)

他劇場あり:

2009/09/18 (金) ~ 2009/09/27 (日) 公演終了

上演時間:

百年に一度の不況とやらで、リストラされた派遣社員の受け皿として、今、農業に順風が吹いているように見えるが、農家にとっては順風どころか、更なる逆風が吹いている。食品メーカー等の企業が農地を取得できる「農地法改正案」が、国会を通過しようとしているのだ。この法案が通れば、耕作放棄地は減り、食料自給率...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/09/18 (金) ~ 2009/09/27 (日)
劇場 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
出演 中津川衛、千賀拓夫、上甲まち子、島田静仁、昆野美和子、広戸聡
脚本 高橋正圀
演出 松波喬介
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 5,300円
【発売日】
一般=5,000円(消費税238円含む)
U30=3,000円(消費税143円含む)当日=各300円増(消費税14円含む)
◎全席指定 ◎団体割引・障害者割引あり
◎車椅子でご来場の方は準備の都合上、必ず劇団にお問合せください。
◎託児=大田公演・府中公演あり(要予約)
サイト

http://www.seinengekijo.co.jp/frame.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 百年に一度の不況とやらで、リストラされた派遣社員の受け皿として、今、農業に順風が吹いているように見えるが、農家にとっては順風どころか、更なる逆風が吹いている。食品メーカー等の企業が農地を取得できる「農地法改正案」が、国会を通過しようとしているのだ。この法案が通れば、耕作放棄地は減り、食料自給率もアップすると言われている。一見いいことづくめに見えるが、実はかなりヤバイ代物なのだ。大資本の論理が導入されれば、小さな農家はつぶれてしまう。はじき出された農民は、企業の農場の労働者になるしかない。地主と小作人の時代に逆戻りだ。
そんな状況の中、農家の娘・結(27)は、都会には自分のやる仕事がないと、周囲の猛反対にあいながら、百姓を継ぐと宣言する。しかも有機農業を目指すと言うから、一家は上を下への大さわぎとなる。当然のことながら簡単にできる訳がない。試行錯誤の連続で、心が折れそうになりながら、多くの人との出会いが結を支え育ててゆく。百姓と農業は違う。先人たちが何百年とかけて築きあげてきた百姓の心を、今時の娘である結につかむことはできるのだろうか・・・・・・。(高橋正圀)
その他注意事項
スタッフ 作:高橋正圀 演出:松波喬介
出演:中津川衛、千賀拓夫、上甲まち子、島田静仁、昆野美和子、広戸聡、他。

[情報提供] 2009/09/07 14:32 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/09/07 14:34 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大