演劇

言葉と音楽のシリーズによる三重奏版

兵士の物語

トータル・ステージ・プロデュース

日経ホール&カンファレンスルーム(東京都)

2009/12/25 (金) ~ 2009/12/28 (月) 公演終了

上演時間:

「言葉と音楽のシリーズ」待望の第二弾、公演決定!

今年の1月にR.シュトラウスのイノック・アーデンでスタートした『言葉と音楽のシリーズ』の第2弾として「兵士の物語」を上演いたします。
第一弾と同じく石丸幹二主演、白井晃演出という顔合わせ。舞台上で共演をつとめるのは、ピアノ=石岡久乃とパ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/12/25 (金) ~ 2009/12/28 (月)
劇場 日経ホール&カンファレンスルーム
出演 石丸幹二、石岡久乃、平子久江
脚本 ラミューズ
演出 白井晃
料金(1枚あたり) 7,500円 ~ 7,500円
【発売日】2009/10/10
¥7,500(全席指定・税込)
サイト

http://www.parco-play.com/web/page/information/heishi02/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「言葉と音楽のシリーズ」待望の第二弾、公演決定!

今年の1月にR.シュトラウスのイノック・アーデンでスタートした『言葉と音楽のシリーズ』の第2弾として「兵士の物語」を上演いたします。
第一弾と同じく石丸幹二主演、白井晃演出という顔合わせ。舞台上で共演をつとめるのは、ピアノ=石岡久乃とパーカッション=平子久江のみ。ストラヴィンスキーが、この作品を、最もシンプルに、骨組的に表現しようとした上演形態が堪能出来る、本質に迫る公演です。
見どころは劇団四季のトップとして活躍した石丸幹二が退団し、ソロ活動開始後ちょうど1年を迎える記念的公演で、ストーリーテラー、兵士、悪魔、そして王女の4役を全て一人で演じ分けるところでしょう。この1年で実に多くの舞台を踏み、あるひとつの総決算的ステージとなるであろうことと同時に、彼の原点である言葉と音楽の関わりを追求するというテーマにたちかえるものでもあります。

9月上演ロイヤルオペラハウス版と言葉と音楽のシリーズによる三重奏版
全く異なるアプローチで魅せる、2つの「兵士の物語」
どちらを観るか、どちらも観るか
どうぞご期待下さい!
その他注意事項
スタッフ 作曲 イーゴル・ストラヴィンスキー
原作 アファナシェフ
脚本 ラミューズ
演出 白井晃
出演 石丸幹二
ピアノ 石岡久乃
パーカッション 平子久江

[情報提供] 2009/09/06 10:53 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/09/06 10:54 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大