演劇

劇団青年座 第197回公演

千里眼の女

劇団青年座

紀伊國屋ホール(東京都)

2009/10/10 (土) ~ 2009/10/18 (日) 公演終了

上演時間:

今から99年前、明治43年熊本県、有明海に臨む小さな町の医家に生まれた
御船千鶴子は幼いころより不思議な透視能力があり「千里眼」と言われていた
実際、石炭鉱脈を発見するに及び千鶴子の噂は広まり、東京帝国大学で心理学の
研究をしていた福来友吉にもこの話がもたらされた
科学という全能の力に...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/10/10 (土) ~ 2009/10/18 (日)
劇場 紀伊國屋ホール
出演 檀臣幸、蟹江一平、山野史人、小豆畑雅一、堀部隆一、五十嵐明、桜木信介、勝島乙江、松熊つる松、片岡富枝、佐藤祐四、井上智之、青木鉄仁、植村喜八郎、相原嵩明、嶋田翔平
脚本 齋藤雅文
演出 宮田慶子
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 5,000円
【発売日】2009/09/01
料金[全席指定]
一般:5,000円 青年団ネット予約:4,800円 ゴールデンシート(65歳以上):4,000円
学生:3,500円 初日割引:3,500円 ※一般以外は劇団扱いのみ
サイト

http://seinenza.com/performance/public/197.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 今から99年前、明治43年熊本県、有明海に臨む小さな町の医家に生まれた
御船千鶴子は幼いころより不思議な透視能力があり「千里眼」と言われていた
実際、石炭鉱脈を発見するに及び千鶴子の噂は広まり、東京帝国大学で心理学の
研究をしていた福来友吉にもこの話がもたらされた
科学という全能の力による千里眼の解明
新聞各社は競い合ってこの話題をスキャンダラスに取り上げ、大衆を熱狂へと
導いていった
彼女の特殊な能力を解明し、その成果を世界へ発表するのが科学者としての
使命であり義務と確信する福来
ひたすら二人を追い続ける万朝報社記者・橘四郎
気難しく人見知りの千鶴子も、福来の誠実な情熱に心を動かされ、東京での実験に
同意した
鉛の管に封印した文字を透視するという実験は大成功
しかし、事態は意外な展開を見せ始めた
その他注意事項
スタッフ 作=齋藤雅文
演出=宮田慶子
装置=伊藤雅子
照明=中川隆一
音響=長野朋子
衣裳=半田悦子
舞台監督=尾花真
製作=森正敏・紫雲幸一

[情報提供] 2009/08/30 23:50 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/10/15 23:47 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大