演劇

EMBERS(エンバース)〜燃え尽きぬものら

——2008年の初演に引き続き、2009年11月俳優座劇場にて再演決定!

CATプロデュース

俳優座劇場(東京都)

他劇場あり:

2009/11/10 (火) ~ 2009/11/16 (月) 公演終了

上演時間:

シャーンドール・マーライ作、クリストファー・ハンプトン脚本、長塚京三訳『 エンバース~燃 え 尽 き ぬ も の ら~ 』。この芝居は、光輝溢れるハプスブルグ家が崩壊し、オーストリア・ハンガリー帝国が滅亡して間もない1940年、ハンガリーの片田舎に佇む古城の一室が舞台です。

館の当主、旧...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/11/10 (火) ~ 2009/11/16 (月)
劇場 俳優座劇場
出演 長塚京三、鷲尾真知子、益岡徹
脚本 クリストファー・ハンプトン
演出 板垣恭一
料金(1枚あたり) 7,000円 ~ 7,000円
【発売日】2009/09/05
¥7,000円- (全席指定/消費税込み)
サイト

http://www.stagegate.jp/performance/2007/embers2/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 シャーンドール・マーライ作、クリストファー・ハンプトン脚本、長塚京三訳『 エンバース~燃 え 尽 き ぬ も の ら~ 』。この芝居は、光輝溢れるハプスブルグ家が崩壊し、オーストリア・ハンガリー帝国が滅亡して間もない1940年、ハンガリーの片田舎に佇む古城の一室が舞台です。

館の当主、旧オーストリア・ハンガリー帝国の将官「ヘンリック」が、かつて親交のあったある人物の到着を待ち構えています。幼年学校、士官学校、近衛連隊を通じて、彼の無二の親友だった「コンラッド」です。実に41年振りの再会。でも友好的な邂逅ではありません、復讐にも似た、波乱を含んだ対決です。

彼らはともに75歳。さらに、この芝居の3人目の人物、ヘンリックの乳母の「ニーニ」は、90歳を超える老婆です。以上3人の老人が、この芝居の登場人物となります。

75歳の老人ふたりが、もうどうにも取り返しのつかない人生の悔恨を噛みしめながら、はたして自分たちは、ひとりの女性を「本当に愛した」と言えるのかどうか、自問し始める。あまり馴染み深い図柄ではありません。しかしこれ以上に演劇的な構図というものも、そうはありますまい。

紳士の面目、誇り、あるいは友情の神聖さ。それらはそれ自体、きわめて貴くはありますが、愛する人に捧げる「自己犠牲」の前では決して等価と言えない。人を愛する喜びとは、その人のためになら、いつでも自分を投げ出せるという喜びではなかったのか。
ヘンリック役には、今回、翻訳も務めた長塚京三。長年、心に温めていた企画だけに、観る者に、『愛することの喜びと感謝』を、伝えてくれることでしょう。
その他注意事項
スタッフ 原作:シャーンドル・マーライ
脚本:クリストファー・ハンプトン
翻訳:長塚京三
演出:板垣恭一
出演:長塚京三、鷲尾真知子、益岡 徹
製作:江口剛史
主催・製作:シーエイティプロデュース

[情報提供] 2009/08/27 09:35 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/11/02 21:09 by みか

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大