演劇

神様プロデュース Vol.13

Week End/World's End with No Name

名前の無い終末

デザイン:森達也

0 お気に入りチラシにする

演劇

神様プロデュース Vol.13

名前の無い終末

Week End/World's End with No Name

神様プロデュース

アドリブ小劇場(東京都)

2006/11/02 (木) ~ 2006/11/05 (日) 公演終了

上演時間:

『終末』はとても唐突にやって来た。
海と空の境界から透き通るように赤く大きな朝日が昇ると、それを合図に最初のカタルシスが訪れた。
地面が揺れ、彼方の山々は火炎を吹き、津波が街を覆い、目の前でたくさんの人が死んだ。
僕はあの人のことを考えていた。
正確には、あの人と僕の間に起こった様々な...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2006/11/02 (木) ~ 2006/11/05 (日)
劇場 アドリブ小劇場
出演
脚本
演出
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 2,800円
【発売日】
前売2500円
当日2800円
日時指定
サイト

http://www1.chironoworks.com/kamisama-produce/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 『終末』はとても唐突にやって来た。
海と空の境界から透き通るように赤く大きな朝日が昇ると、それを合図に最初のカタルシスが訪れた。
地面が揺れ、彼方の山々は火炎を吹き、津波が街を覆い、目の前でたくさんの人が死んだ。
僕はあの人のことを考えていた。
正確には、あの人と僕の間に起こった様々な事象について考えていた。
またこれから起こり得たかもしれない希望的な(或いは悲観的な)未来について考えていた。
僕とあの人の物語について考えていた。
あの人との関係は失われてしまって、もう二度と元に戻ることは出来ない。
今なら認めてもいい。
二人の関係は、終わってしまったのだ。
僕はまだこうして存在し続けているというのに。
多分あの人もどこかで存在し続けているというのに。
二人の物語の終わり。関係の終わり。
僕の終わり。世界の終わり。
全体の終わりと、個の終わり。
これらは繋がっていないようで、繋がっているようで、やっぱり繋がっていない。
世界は一つなんかじゃない。
孤立した自我の寄せ集めでしかない。
一度に終わっていくようで、本当は一つずつそっと終わっていくのだ。
それは(孤独であるという一点を除けば)始まりになんか、ちっとも似ていない。
僕はここで僕の終わりを待とうと思う。
僕はひとりだ。僕はひとりだ。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2007/02/26 23:49 by のぐ

[最終更新] 2007/07/29 04:13 by mori

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

mori

mori(0)

浅草橋は楽しいところです。 出来れば休日ごとに行きた...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大