鳥の劇場

鳥の劇場(鳥取県)

2009/09/19 (土) ~ 2009/09/20 (日) 公演終了

上演時間:

【演劇祭ディレクターより】
06年に私の演出作品をソウル(韓国)で上演した際、同じフェスティバルの演目として、この『三人姉妹』に出会いました。廊下のような細長い舞台で、登場人物が軽やかに行き来しながら小気味よく展開するチェーホフです。日本人がうっかりするとやってしまう、過剰に叙情的なチェーホ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/09/19 (土) ~ 2009/09/20 (日)
劇場 鳥の劇場
出演 プロイェシュティトマ・カラギウ劇場
脚本 A.P.チェーホフ
演出 アレクサンドル・ダビジャ
料金(1枚あたり) 0円 ~ 2,500円
【発売日】
料金:大人/2,500円 中高生/500円 小学生/無料(未就学児入場不可)
サイト

http://www.birdtheatre.org/engekisai/threesisters.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 【演劇祭ディレクターより】
06年に私の演出作品をソウル(韓国)で上演した際、同じフェスティバルの演目として、この『三人姉妹』に出会いました。廊下のような細長い舞台で、登場人物が軽やかに行き来しながら小気味よく展開するチェーホフです。日本人がうっかりするとやってしまう、過剰に叙情的なチェーホフとは全く違います。東欧圏の芝居は、演劇への信頼や尊敬が作品の背後に感じられて素敵です。

【あらすじ】
三人姉妹のオーリガ、マーシャ、イリーナ。オーリガの下に、アンドレイという弟。4人が暮らす地方都市に軍隊がやってくる。亡くなった父が旅団長をしていた縁で、家には軍人がひっきりなしにやってくるようになる。長女のオーリガは独身。女学校の教師をしており、末のイリーナと共に生まれ故郷のモスクワに行くことを夢見ている。アンドレイは大学教授になることを期待されているが、父の死後急に太りだし、賭けにのめり込みはじめる。次女のマーシャには中学教師の夫がいる。結婚前は頭のいい人だと思っていた夫がそうではないことがわかり退屈している。

【「鳥の演劇祭2」について】
鳥取発の新しいかたちの演劇祭です。
国内外の魅力的な舞台作品をまん中において、
遠くの人や近くの人、地域の自然や文化もつなぎます。
上質であたたかい「祭」の時間の中で、からだいっぱいに楽しみながら、
私たちの未来をもっと豊かにするために必要なものは何か、
ぼんやりじっくり考えてもらえる場になればと思います。
演劇好きの人も、そうでない人も、ぜひお越しください。
その他注意事項
スタッフ 作:A. P. チェーホフ
演出:アレクサンドル・ダビジャ

[情報提供] 2009/08/20 17:04 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/08/20 17:04 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大