演劇

鳥の演劇祭2参加作品

酒神 ディオニュソス

Dionysus

SCOT

鳥の劇場(鳥取県)

2009/09/12 (土) ~ 2009/09/13 (日) 公演終了

上演時間:

【演劇祭ディレクターより】
劇団の主宰者の鈴木忠志さんは演出家として、劇場の芸術監督として、思想家として、私が最も影響を受けた人物です。今回上演していただくのは、SCOTの代表作の一つで、世界各国で上演されて、揺るぎない評価を得ているギリシア悲劇です。シンプルな物語展開の中で、人間のからだだ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/09/12 (土) ~ 2009/09/13 (日)
劇場 鳥の劇場
出演 SCOT
脚本
演出 鈴木忠志
料金(1枚あたり) 0円 ~ 2,500円
【発売日】
料金:大人/2,500円 中高生/500円 小学生/無料(未就学児入場不可)
サイト

http://www.birdtheatre.org/engekisai/dionysus.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 【演劇祭ディレクターより】
劇団の主宰者の鈴木忠志さんは演出家として、劇場の芸術監督として、思想家として、私が最も影響を受けた人物です。今回上演していただくのは、SCOTの代表作の一つで、世界各国で上演されて、揺るぎない評価を得ているギリシア悲劇です。シンプルな物語展開の中で、人間のからだだけでこれほど強烈な世界が作り出されることに驚かされます。

【あらすじ】
酒の神ディオニュソスは、アジアの町々を遍歴し、人々を自らの教えに従わせたのち、その宗教をギリシアの地に広めようとテーバイの町にやってくる。だが、テーバイの王は、ディオニュソスを神と認めようとしない。そこでディオニュソスは、テーバイの女たちを彼の教えに帰依させ山に集めてしまう。王は、ディオニュソスの教えが市民全体に浸透することを恐れ、ディオニュソスを捕らえようとするが、逆に彼の魔力に魅せられ・・・。

【「鳥の演劇祭2」について】
鳥取発の新しいかたちの演劇祭です。
国内外の魅力的な舞台作品をまん中において、
遠くの人や近くの人、地域の自然や文化もつなぎます。
上質であたたかい「祭」の時間の中で、からだいっぱいに楽しみながら、
私たちの未来をもっと豊かにするために必要なものは何か、
ぼんやりじっくり考えてもらえる場になればと思います。
演劇好きの人も、そうでない人も、ぜひお越しください。
その他注意事項
スタッフ 原作:エウリピデス
演出:鈴木忠志

[情報提供] 2009/08/20 16:55 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/08/20 16:56 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大