演劇

横浜STスポット提携公演

青い鳥の群れ/靴

820製作所第五回公演

劇団820製作所

STスポット(神奈川県)

2007/03/21 (水) ~ 2007/03/25 (日) 公演終了

上演時間:

note:青い鳥の群れ/靴


運ていにぶら下がっている何人かの小さな影から始まるその映画は、異なる国にまたがったある地域(いや、ある地域に、建てられた異なる国か)に暮らす子どもたちの生活を追ったドキュメンタリーであり、その時点での彼らの証言、出会い、対話がおさめられ、最後に彼らが交わし...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/03/21 (水) ~ 2007/03/25 (日)
劇場 STスポット
出演 印田彩希子(ユルガリ)、大谷由梨佳、加納由紀子(ユルガリ)、川嵜美栄子、佐々木覚、波田野淳紘
脚本 波田野淳紘
演出 波田野淳紘
料金(1枚あたり) 500円 ~ 2,000円
【発売日】
当日:2000円
前売:1800円
学割:1500円
リピーター:500円
サイト

http://820-haniwa.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 note:青い鳥の群れ/靴


運ていにぶら下がっている何人かの小さな影から始まるその映画は、異なる国にまたがったある地域(いや、ある地域に、建てられた異なる国か)に暮らす子どもたちの生活を追ったドキュメンタリーであり、その時点での彼らの証言、出会い、対話がおさめられ、最後に彼らが交わした思いにちなんで、タイトルは『プロミス』と名付けられている。
大学に入ったその年に、学内で無料上映されていて、正門でビラを受け取ったその足で見に行った。
その地域について僕は何も知らなかったし、見終わってからも、長い間それ以上の具体的な知識が増えることはなかった。億劫だったのはもちろんだが、あんまり遠い出来事で、ただ一遍のファンタジーを観賞したような気になっていたのだ。
それから一年半後、私たちは『カノン』という芝居を上演した。
そこにはほんの少しだけ頭のおかしい映画監督と、異なる国に住む何人かの子どもたちが出てくる。
戦争をめぐる寓話であり、今振り返ってみれば役者は明らかに技術が足りなかったし、そのストーリーの稚拙さに呆れもするが、その後、本公演と銘打って送り出すものはみな、等しくその主題の周辺をめぐっている。
今度もそうなるだろう。
だったらもう一度真っ正面から当たってみよう。
嫌気がさすくらい、吐き気がするくらい、凝視し、向き合い、倒れてみよう。
自分の持つものをすべて放ろう。
あれから手に入れたものをぜんぶ使おう。
それでも描き損ねるだろう。
それからだ。



夢幻劇の傑作、メーテルリンクの「青い鳥」に題を借り、世界の政治の最深部へと駆け降りる。

窓を開けよう。青い鳥を空へ帰そう。

2007年第一弾。雪解けの季節に820製作所が送る、渾身の一作。ご期待ください。
その他注意事項
スタッフ 照明:福島早紀子
衣装:佐宗乃梨子
宣伝美術:高橋勇太

[情報提供] 2007/02/26 18:35 by 波田野淳紘

[最終更新] 2007/02/26 18:51 by 波田野淳紘

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大